完敗と乾杯 (ゼンのつぶやき)

2017年6月12日

巨人やりました。なんと1勝が待ち遠かったことですが、そのあとはまた連敗、巨人から出た村田投手の好投と太田泰示選手連夜のホールランです。

怒ること、悔しがること、あきらめに似た胸中、元気を失い数年ぶりに風邪をひきました。破れかぶれで酒が飲めるなら祝杯、乾杯と行きたいものです。

それにしてもテレビに映る巨人フアンの応援ぶりには、雨が降ろうが終電がなくなろうが、不安を抱えていても打算無しの一生懸命な応援姿に感動します。

風邪をひいて落ち込むようでは、大の巨人フアンとは言えませんが、テレビ中継は家族そろって欠かさず見て、拍手と叱咤激励のゲキを飛ばしています。

このたびの13連敗は、巨人フアンにあらずとも、野球に興味がない方にも大変ご心配をおかけいたしました。次なる連敗記録に突入せぬ様見守ります。

近所にノド薬を買いに車で走り、何とか元の状態迄戻ってきましたが、いつの日か巨人も強い巨人に戻るでしょう。その日が早く来る事を願うのみです。

Zen

(6月3日 5時21分 写真1)

(6月4日 5時35分 写真2)

(6月5日 5時27分 写真3)

(6月10日 5時19分 写真4)

( 5月のある日連れて行ってもらった藤棚 写真5)

( 千財農園に連れて行ってもらった藤棚 写真6)

( 5月のある日連れて行ってもらった藤棚 写真7)

( 我が家のトマトに成長の跡 5月5日 写真8)

( 我が家のトマトに成長の跡 5月16日 写真9)

 

( 我が家のトマトに成長の跡 6月9日 写真10)

( チャレンジデー仲間でゲームをしました。写真11)

( ブルベリーはこんなに実をつけています。写真12)

( 水墨画教室 授業風景 写真13)

( わが街に来た 移動販売車です。 写真14)

( 宮里藍選手 長い間ご苦労様でした。TVより 写真15)

持てる者の悩み (ゼンのつぶやき)

2017年6月1日

しばらくブログ更新から遠ざかり、このまま終わってしまうのではないかと焦り、もてると言って女性にもてる訳ではなく、持ってもいない知恵を絞る。

田舎暮らしを始めてささやかな庭を持ち、やみくもに樹々の苗を植え、収穫欲をかいて数坪の畑も拡張しつつ、キューリやらトマトやらエンドウ豆を作る。

春の訪れとともに、やせ細ったみすぼらしい木にも新芽が一斉に顔を出しあっという間に緑の濃い葉をつける自然界の秘めたる力は壮観で感動ものです。

樹々の合間の地面からは、踏んでも踏んでも立ち上がってくる草たち。これに呆れた老人たちは田舎から都会へ後ろ髪をひかれながら敗走していきます。

映画などで見たかっこいい庭には緑濃いふわふわとした芝がつきものでした。ところが過程と結果は大違い、芝刈機を買替える事で家庭不和に進展します。

都会で働く皆様、今一度田舎暮らしへのあこがれは冷静な気持ちに立ち返り、都会の車の無い生活と田舎の車がなければ出来ない生活、貴方はどっち派。

Zen

( 5月18日 5時31分 写真1)

( 5月27日 5時21分 写真2)

( 5月29日 5時26分 写真3)

( 玄関前の垣根 使用前 写真4)

( 玄関前の垣根 使用後 写真5)

( 地区対抗運動会輪投げ 写真6)

( 地区対抗運動会 昼食 写真7)

( 地区対抗運動会玉入れ 写真8)

( 松平健 杵築城下に来る 写真9)

( 避難訓練131名が参加 写真10)

( 避難訓練TV取材が参加 写真11)

( 避難訓練 デモンストレーション 写真12)

( 1年ぶり全勝で白鵬優勝 写真13)

( 高安 大関昇進は確実  写真14)

( 大相撲5月場所の結果  写真15)

( 大相撲5月場所の結果  写真16)

 

そこは雪国?(ゼンのつぶやき)

2017年4月16日

長い眠りから目を覚まさせばそこは雪国ではなくピカピカの新一年生の華やいだ声が聞こえ、鳥のさえずりは残念ながら耳が悪く目覚ましにもならない。

医者の最後通告を受けた訳ではなく長期入院したのでもなく健康です。休んだ3月の訪問者数は断然多く、ご心配をかけたのに皆様の心使いを感じました。

実のところ、何とか日程をやりくりしながらゴルフは休まず、絵手紙・絵画教室は時々お休みし、男の料理教室は一旦1年間は退会する考えでいます。

WBC、ハリルJAPAN、プロ野球、巨人の勝敗に一喜一憂し、稀勢の里のケガの回復を心待ちにする。そんな事で多忙と云うのかとお叱りを受けるでしょう。

この様なブログでも1,2月は7000人程が3月は9200人の方に見ていただいた。月に1回でも続けて行かなくてはと、自分自身の尻を叩くのです。

Zen

( 4月9日 6時28分 写真1)

( 4月13日 6時12分 写真2)

( 1月28日 スナップエンドーとサヤエンドウ 写真3)

( 2月19日 スナップエンドーとサヤエンドウ 写真4)

( 4月8日 スナップエンドーとサヤエンドウ 写真5)

(  久々の絵画教室 写真6)

( 小学校の入学式 ピカピカの1年生入場 写真7)

( 入学式 19名の新入生を暖かく迎えます 写真8)

 

( 小学校の入学式 先輩が1年生にエールを送る 写真9)

( ゴルフ場のさくら スコアーはボロボロ 写真10)

( 街頭交通安全キャンペーン活動 写真11)

( マスターズ ガルシア念願の優勝 TVより 写真12)

( マスターズ 松山英樹惜しくも11位でした。 TVより 写真13)

( 浅田真央ちゃん 21年間ご苦労様 TVより 写真14)

( 浅田真央ちゃん 21年間ご苦労様 TVより 写真15)

 

 

重い込み (ゼンのつぶやき)

2017年3月5日

愛読者の勘のいい方は、おそらくタイトルを見ただけで税込みは年金生活者には負担が重いという事を書くだろうと、きっと想像されることでしょう。

確かに近い将来消費税が8%から10%になれば年金生活者には重い税負担です。かと言って若者へ年金負担のツケを回すべきではないのは承知です。

日本ではまだVATなどの制度のない時代に、旅行先のアメリカから絵ハガキを出す為に切手表示価格以上の値を要求され不信感を覚えたこともありました。

その後日本も消費税なるものが始まり、税込みか税別か表示も変わり過去の出来事も今は理解ができ、税込の方が安いと自分なりに思い込んでいました。

親から言われた訳ではなく親の背中を見て、小学生から社会人まで休まず何でも続けることが美徳と思い込み皆勤賞なるものを目指した時代がありました。

今プログを苦し紛れの週1回続けてるのですが、数百人中数人でも毎週楽しみにしている方を裏切ってはいけないと勝手に思い込んでるのかもしれません。

数人の方には誠に申し訳ないのですが、苦し紛れの駄作を読んでいただく事も失礼で、週1回を今後は不定期とし細々と続けることでご理解ください。

宜しくお願いします。

ZEN

( 2月27日 6時52分 写真1)

( 2月28日 7時03分 写真2)

( 3月02日 7時01分 写真3)

( 男の料理教室 料理風景 写真4)

( 男の料理教室 料理風景 写真5)

( 料理教室 この日は和室にて食事 写真6)

( 文化祭 仲間が歌を披露し登場 写真7)

( 文化祭 知人のフラダンス 写真8)

( 文化祭 知人の太極拳 写真9)

( 文化祭 人気の陶芸出展 写真10)

( 文化祭 水墨画の展示 写真11)

( 4通の絵ハガキを投函しました 写真12)

( ワカメ採り まずまずの天気でした 写真13)

( ワカメ採り 昨年より少なし 写真14)

( 水墨画クラブ お互いに評価 写真15)

( 活き活きサロン ストレッチ後のおしゃべり 写真16)

( 残り3ホールはトリ、トリ、ダボ 57人中の5位 写真17)

( 現役のプロ野球選手を評価 TVより 写真18)

( 山中愼介12回目の防衛 TVより 写真19)

 

ごはんの会 (ゼンのつぶやき)

2017年2月26日

私の住むこの地域の販売予定数は400区画程あり300区画以上は販売済で230世帯程は既に建設済だそうで、うち160世帯以上は定住しています。

県内でも有数の高齢化地域で半数以上が65歳を超えています。この地区は、7つのグループに分かれており私の所属する5班は25世帯が住んでいます。

誤解のない様にごはんの会とは、炒飯や親子どんぶりの食べ比べをする会ではなく、自分のグループ5班メンバーが年一回集まり昼食を食べる会なのです。

今年は五回で次回は海岸でのバーベキューやパークゴルフやハイキング等どうだろうかと意見はありますが、私は5班の会はご飯がいいと思っています。

会社時代の社長が集団行動はシンプルイズベストと言ってました。永く続けるには単純明快が分かりやすいし手数をかけ複雑にすれば必ず問題が発生する。

Zen

( 2月19日 7時04分 写真1)

( 2月22日 7時01分 写真2)

( 2月24日 6時44分 写真3)

( 2月25日 7時04分 写真4)

( 近所から見た海の眺め 写真5)

( ごはんの会 開会前 写真6)

( ごはんの会 開催前 写真7)

( ごはんの会 開催風景 写真8)

( 野良猫の為に餌をやる方もいます。 写真9)

( 2月22日 7時01分 写真10)

( 文化祭出展前 混乱する舞台 写真11)

( 文化祭出展前の舞台裏 写真12)

( 文化祭出展にやっと間に合う。 写真13)

( 文化祭前日搬入しました。 写真14)

( 今読んでいる本 写真15)

鼻くすり (ゼンのつぶやき)

2017年2月19日

田舎暮らしでは、誰とも利害関係はなく袖の下も鼻薬を利かせる事もない。よく買うのは安価な目薬で花粉が飛び交う時期には病院から目薬を戴く。

難聴とまではいかないが、耳が遠くなっているため耳薬があればいいが、そんなものはなく、若くはなくても若気の至り、いい薬になると慰められる。

サプリメントは良い事ないと注意を受けても、なければ不安になり薬づけの状態に変わりはない。今不安と言えばコレストロールが高く悪玉が多い。

多少は改善されても便秘も悩みの一つである。TV番組で食による病気の予防がきるそうで、薬に頼らずとも食べ物で解決できるならと期待は大きい。

血流を良くし悪玉減らすにはサバの水煮缶、便秘には干し柿にオリーブオイル、糖尿病予防はオリーブオイル入りのホットトマトジュースがいいらしい。

認知症も気にはなるがドウシヨウもない、薬は飲まずストレスもなくエへラエヘラと笑って暮らせば、それに勝るものはない。

Zen

( 2月18日 7時09分 写真1)

( 番組 病気への予防 TVより 写真2)

( 糖尿病の予防トマトジュース TVより 写真3)

( 花粉症の予防レンコン TVより 写真4)

( 高血圧改善チョコ TVより 写真5)

( 豆 防寒用カバーを取りました。写真6)

( 絵画教室 写真7)

( 絵手紙教室 本日の作品 写真8)

( 水墨画クラブ 写真9)

( 水墨画教室 写真10)

( 蜜月 安倍首相とトランプ TVより 写真11)

( 女子アイスホーケイ TVより 写真12)

( 高梨沙羅20歳は53勝タイ記録 TVより 写真13)

( サラリーマン川柳 TVより 写真14)

( 最近読んでいる本 写真15)

 

玄米 (ゼンのつぶやき)

2017年2月12日

男の料理教室に通いだして4年が過ぎようとしているが一度も家で料理をしたことがない為家族から嫌味タラタラ言われて肩身の狭い思いでいました。

ところが今回男の料理教室で、玄米についての講義を聞き玄米を食べればとても体に良いこと間違いなし、病気にならない体を作れるそうです。

講師の女史が云われるには昔は癌もなく認知症もなかったと、現代の医学と食品の摂り方に問題がありパンも麺類もダメ糖分甘いものは血流を悪くする。

玄米のミネラルが重要で破れにくい血管を作るそうです。老化すると血流が悪くなり体温が下がり風邪やインフルエンザにかかりやすくなるそうです。

教室に通っていたこそのクリーンヒットで目から鱗、鼻より団子、その日の夕食より我家は玄米に切り替えました。病気なんてドンマイドンマイですね。

梅干と上質の塩、醤油、味噌と玄米、早喰いだった私は、玄米になると固い故にゆっくり何度も噛むのです。男の料理教室これだけでもいい傾向です。

玄米食べて囲碁が強くなり水墨画が上手に画けるようになればいいのですが。

Zen

( 2月4日 7時16分 写真1)

( 2月11日 6時50分 写真2)

( 2月11日 雪のため太極拳は中止でした。 写真3)

( 寒い日は家の中 水墨画の練習 写真4)

( 水彩画 自分勝手に練習 写真5)

( 男の料理教室講習会 玄米を食べよう 写真6)

( 男の料理教室 玄米を食べよう 写真7)

( 男の料理教室 玄米を食べよう 写真8)

( 男の料理教室 玄米を食べよう 写真9)

( 男の料理教室 本日のメニュー 写真10)

( 住吉浜コンペ この日は乱れて最下位でした 写真11)

( 松山16番 360度観覧席のショート TVより 写真12)

( 松山英樹4勝目 フレーオフを制す TVより 写真13)

( 最近読んだ本 写真14)

( 今読んでいる本 写真15)

 

稀勢の里 (ゼンのつぶやき)

2017年2月5日

稀勢の里の優勝を知ったのは、熊本駅構内の居酒屋で友人達と飲んで食べているとき、気になって友人に頼んでスマートホンで確認してもらいました。

モンゴル勢3横綱の時代が長く日本人の誰しも心待ちにしていた日本人横綱、奇跡的ではなく白鵬を破り既成事実の72代横綱稀勢の里が誕生したのです。

貴乃花の時の20000人に次ぎ2番目に多い18000人の行列が明治神宮にできたそうで、喜びとその期待の大きさを伺い知ることができます。

奉納土俵18000人が集まれば、キャーと奇声が上がることはあるでしょうが、稀勢の里の胴上げがあったとしても彼は上がることはないはずです。

稀勢の里は、2月3日節分の日成田山新勝寺の7万人の参拝者を前に豆まきに参加。「福は内」の掛け声に集まった人々は福を求め興奮していました。

熊本の帰省は友人と会い気勢は上がったが、別段規制があるわけもなく博多で降り、ラーメンスタジアムにて昼食、キャネルシネマにて映画を見て戻る。

Zen

(1月31日 7時27分 写真1)

(2月2日 6時55分 写真2)

(2月3日 6時56分 写真3)

(2月4日 6時55分 写真4)

( 博多キャネルシテイに立ち寄る 写真5)

( ラーメンスタジアムにて昼食 写真6)

( キャネルシネマにて映画を見る 写真7)

( 絵手紙授業風景  写真8)

( 絵手紙その日の成果 写真9)

( 水墨画クラブ 皆まじめです。 写真10)

〈 水墨画教室 授業風景 写真11)

〈 稀勢の里 奉納土俵 雲竜型 TVより 写真12)

〈 稀勢の里 成田山新勝寺 豆まき TVより 写真13)

( 熊本城には行けず本を購入 写真14)

( 最近読んだ本 写真15)

 

 

貴重な体験 (ゼンのつぶやき)

2017年1月29日

奥深い森林のオゾン層に迷い込んだ如く、彩鮮やかな和服姿の乙女達は式場の織り成す演出に溶け込み、若者のエキスが満ちあふれた熊本の結婚式だった。

久々の帰郷ではあったが、駅周辺のホテルに泊まり近くの結婚式場だったためタクシーで墓参りを手じかに済ませ駅構内の居酒屋に駆け付けたのでした。

高校の友人4人の雁首が酒と食べ物で満ちたテーブルを囲み、司法・行政書士、高校の先生、悠々自適ゴルフ三昧の人と優柔不断(普段自由)のこの私。

2つの雁首は酒を口の中に取り込み、私はひたすらウーロン茶を片手に食を堪能する。半世紀経つても楽しいクラブ時代のハードだった練習の話は尽きない。

60歳半ばをすぎても昔の仲間はやはり仲間、地震後の爪痕など一切見ることもできず熊本城へ行くこともできなかったが、とても楽しい時間を過ごした。

Zen

(1月26日7時00分 写真1)

(1月27日7時03分 写真2)

(1月28日7時12分 写真3)

( 熊本駅 おなじみのくまモンの出迎え 写真4)

( おなじみのくまモンが見守る 写真5)

( 私にとっては何十年ぶりの結婚式 写真6)

( 結婚式 ご両人の入場 写真7)

( 結婚式 華やいだ雰囲気 写真8)

( 結婚式 若者の旅立 写真9)

( 結婚式 ご両親へのお礼の言葉 写真10)

( 地震で倒壊した墓 修復後の墓参りでした 写真11)

( 高校時代の友人と居酒屋で再会 写真12)

( 米大統領ドナルド・トランプ就任 TVより 写真13)

( 待ちに待った稀勢の里の優勝 TVより 写真14)

( 全日本女子卓球選手権 最年少優勝 TVより 写真15)

善ばかり (ゼンのつぶやき)

2017年1月22日

countrylife88_31_nf1

英国赴任時1週間仮アパートでトランク中に隠し持った財布から数枚の札を抜き取られた。別件ですが家族が気づかないうちに本屋ドアー口で2人に挟まれ

巧妙にブランドの財布をすられたし、長期の旅行中に狙いすましたように空き巣が入るが2階の人が騒いだ為未然だったものも、紳士の国での出来事です。

ここからタイです。旅行者がスリに会う話はよく聞きますが、私は12年間暮らしたタイ国での盗難被害はなく嫌な思いも経験した事はありませんでした。

家族はゴルフ場女子ロッカーで、プレー後帰りの買物の為に入れてきた金が抜き取られ、ロッカー担当の女の子のその日は豪勢な夕食だったのでしょう。

日本で60数年間生きてきて、最近不愉快な出来事に遭遇した。災害被害者に比べれば取るに足りない事ですが、プレー中にバックから財布が消えました。

ゴルフをする仲間に不良分子がいることが腹立たしい。猜疑的な生活を送りたくないが 善人を測る秤があるかどうか知らない、世の中善ばかりではない。

Zen

( 1月15日 7時08分 写真1)

( 1月16日 6時57分 写真2)

( 1月18日 7時21分 写真3)

( 1月20日 7時00分 写真4)

( 15日この冬初の積雪でした。 写真5)

( 太極拳をやる広場も雪です。 写真6)

( この町一番の急な坂も雪でした。 写真7)

( 雪を通してみる 向こうは海です。 写真8)

( 雪で耐え忍ぶ、たまねぎと豆でした。 写真9)

( 水墨画クラブ 勉強風景です。 写真10)

( 絵手紙 授業風景でした。 写真11)

( 絵手紙 私のさえない作品でした。 写真12)

( 別府扇山ゴルフ場 グリーンが凍って待ちぼうけ 写真13)

( 水墨画教室 授業風景です。 写真14)

( 鳥の巣の卵ではなくゴルフボール球です。 写真15)