運不運(ゼンのつぶやき)

ワイルドソウル(上)(下)を読んで、1950年代南米へ夢を抱いて渡った4万人の日本人入植者の悲劇、それは運不運で済まされるものではない。

関係者の無責任な情宣と支援の無さ、全て人が絡んだ問題で、過酷な人生を生き抜いた人が復讐する事で死へと追い込まれた人達の無念さを晴らす話。

他人事ではなく、一歩間違えば自分もその地で苦悩したのかと思う事がある。事業をやっていた親について役所の相談窓口に行ったことが思い出される。

軽い気持ちだったか、思い悩んだ末の選択だったか今は解らないが、一度は南米移民を考えた家にいた。何が理由か分からないが実行する事はなかった。

担当者にうまい事言われて、それを信じた親だったら私の人生は変わっていた。先週星野村温泉地へ大雨の中、下手な運転で山道を探し尋ね辿りついた。

最悪の豪雨、まだ日照があり山間の地元の人に尋ね、家族は引き返そうと言ったが、私はその老人を信じた。その人に出会わなければ迷い込んだだろう。

何かがあるということは、全て人が絡む。それをどう思うかは本人次第。これからの道も誤らないようにしたい。

Zen

( 大阪から別府へ フェリーさんふらわ 6時32分 写真1)

( 7月09日 5時20分 写真2)

( 7月10日 5時15分 写真3)

( 7月15日 5時33分 写真4)

( 肥料のやりすぎ、トマトは無残な姿で悲しい 写真6)

( 収穫は1日1個もないが、見栄えは大きいオクラです。 写真7)

( 水墨画教室 下手でもなんとか続いています。 写真8)

( 月1回の絵画教室 休まず行っています。 写真9)

( 冬にお世話になったコタツの掛け布団の洗濯です。 写真10)

( 台風7号の景況で、海岸には廃材が打ち寄せています。写真11)

( W杯惜しくもベスト16、長谷部主将ご苦労様。 TVより 写真12)

( 錦織選手 惜しくもベスト4は逃しました。TVより 写真13)

( 第2の故郷タイ国の13人の洞窟遭難無事救出 TVより 写真14)

( 最近読んだ本です 写真15)

 

タグ:

コメントをどうぞ