しゃくなげとふじ (ゼンのつぶやき)

都会の贅沢は金と時間があればふんだんに溢れている、桜が咲いた時など一時的には綺麗で華やかだが消え去るのも早く味は大味といえる。

一方、田舎の贅沢は金は要らないし時間もふんだんにある。同じ緑でも濃い色薄くて黄色味ががった緑等それはそれはデリケートで味わい深い。

いつの間にか3本から4本になっていたブルーベリーの枝や数センチ単位で近づく芝の隙間の伸び、時間単位の成長で木になる事が気になる。

庭に出て草を採り枝の実をつむぎ飽きもせずに3、4時間も過ごす家族を眺め、ベランダの陽だまりでウトウトする私の時間は何と贅沢なものか。

大げさに言うと千載一遇と云う言葉が当てはまる茶畑と隣接している藤棚を見るため、大分県宇佐市の千財農園に車に便乗して案内頂く。

ふじの高値と云うものの駐車場代無料入場料無料潜在能力大にして、長安寺しゃくなげの入場料200円は、しゃくな現金出費となった。

Zen

( 長安寺のしゃくなげ 写真1)

( 長安寺のしゃくなげ 入場料一人200円 写真2)

( 長安寺のしゃくなげ 写真3)

( 長安寺のしゃくなげ 写真4)

( 長安寺から見る山々 写真5)

( 長安寺の緑の鮮やかさ良い 写真6)

( 青の洞門前の青い花畑  写真7)

( 青の洞門前の青い花畑  写真8)

( 青の洞門前の青い花畑  写真9)

( 青の洞門前の青い花畑  写真10)

( 金色(かないろ)温泉  一人500円  写真11)

( 金色(かないろ)温泉 中は男女湯は分かれている 写真12)

( 千財農園のふじ 駐車場も入場料も無料 写真13)

( 千財農園のふじ園  大勢の見物客がいた 写真14)

( 千財農園のふじ 写真15)

( 千財農園のふじ 写真16)

( 千財農園の茶畑 5人は片時も動かず 写真17)

 

 

タグ:

コメントをどうぞ