2018年7月 のアーカイブ

栗返す (ゼンのつぶやき)

2018年7月31日 火曜日

秋口には栗の木があるお宅から栗を戴くことがしばしばある。異常な暑さのこの夏栗ご飯はおいしいのだが、かといって栗を買ってお返しすることはない。

足取りがふらつきだし老いを感じ始めたため、反省をしながら久々にプールへ行き水中歩行を始めた。繰り返し続けるために11回分の回数券を購入した。

教科書で、遣唐使や鑑真和上について簡単な知識はあっても、井上靖の天平の甍を読んでみてまず著者の調査研究でまとめ上げた本の緻密な内容に驚く。

その時代には遭難がつきものの船旅という過酷な状況下で、死を恐れず命を懸け旅経つ留学僧たちの日常性を脱した行動にスケールの大きさを感じる。

10年以上もかけて書き写した、ぎっしり詰まった数箱に収められた写経の巻物全てが海の中に消えるシーンがあるが、なんと無情で無念な事であろう。

12年間に5回の渡航に失敗、視力を失いやっとの思いで6回目に日本の地を踏み、日本へ仏教戒律の伝承に全てを尽した鑑真の行為は、常識を超える。

私、毎朝の散歩だけは、繰り返し続けている。

Zen

( 7月23日 5時33分 写真1)

( 7月28日 5時57分 写真2)

( グランドゴルフ大会 開会式 市長挨拶 写真3)

( 何とか熱中症にはなりませんでした。 写真4)

( 毎年恒例の海岸清掃風景です。写真5)

( 市美展 近所の方が多数出展しました。写真6)

( 市美展 近所の方が多数出展しました。写真7)

( 地元天神祭 病院戻りにたまたま遭遇 写真8)

( 天神祭 暑さの中子供達には気の毒です。 写真9)

( W杯はフランスチームの優勝でした。TVより 写真10)

( 名古屋場所は御嶽海の初優勝でした。TVより 写真11)

( 休場の多い名古屋場所の結果です。TVより 写真12)

( 名古屋場所 遠藤には不満の結果です。TVより 写真13)

( 巨人 山口俊 ノーヒットノーラン達成 TVより 写真14)

( 最近読んだ本です 写真15)

 

 

 

 

 

運不運(ゼンのつぶやき)

2018年7月16日 月曜日

ワイルドソウル(上)(下)を読んで、1950年代南米へ夢を抱いて渡った4万人の日本人入植者の悲劇、それは運不運で済まされるものではない。

関係者の無責任な情宣と支援の無さ、全て人が絡んだ問題で、過酷な人生を生き抜いた人が復讐する事で死へと追い込まれた人達の無念さを晴らす話。

他人事ではなく、一歩間違えば自分もその地で苦悩したのかと思う事がある。事業をやっていた親について役所の相談窓口に行ったことが思い出される。

軽い気持ちだったか、思い悩んだ末の選択だったか今は解らないが、一度は南米移民を考えた家にいた。何が理由か分からないが実行する事はなかった。

担当者にうまい事言われて、それを信じた親だったら私の人生は変わっていた。先週星野村温泉地へ大雨の中、下手な運転で山道を探し尋ね辿りついた。

最悪の豪雨、まだ日照があり山間の地元の人に尋ね、家族は引き返そうと言ったが、私はその老人を信じた。その人に出会わなければ迷い込んだだろう。

何かがあるということは、全て人が絡む。それをどう思うかは本人次第。これからの道も誤らないようにしたい。

Zen

( 大阪から別府へ フェリーさんふらわ 6時32分 写真1)

( 7月09日 5時20分 写真2)

( 7月10日 5時15分 写真3)

( 7月15日 5時33分 写真4)

( 肥料のやりすぎ、トマトは無残な姿で悲しい 写真6)

( 収穫は1日1個もないが、見栄えは大きいオクラです。 写真7)

( 水墨画教室 下手でもなんとか続いています。 写真8)

( 月1回の絵画教室 休まず行っています。 写真9)

( 冬にお世話になったコタツの掛け布団の洗濯です。 写真10)

( 台風7号の景況で、海岸には廃材が打ち寄せています。写真11)

( W杯惜しくもベスト16、長谷部主将ご苦労様。 TVより 写真12)

( 錦織選手 惜しくもベスト4は逃しました。TVより 写真13)

( 第2の故郷タイ国の13人の洞窟遭難無事救出 TVより 写真14)

( 最近読んだ本です 写真15)

 

たまたま (ゼンのつぶやき)

2018年7月4日 水曜日

たまたま新設された杵築市図書館で手にした本、奥田英朗さんの著書でした。気さくで肩が凝らない内容でしたので、続けて5冊も読んでしまいました。

返却に行った日に、たまたまこの奥田英朗さんのデビュー作品で「ウランバーナの森」があり、どのような内容の本でデビューしたのか興味がありました。

読み進むうちになんじゃこら、私が日々苦悩した体験談があからさまに文章として書き綴られており、赤裸々に恥ずかしく大衆にさらされました。

私も1週間全く通じがなく悪戦苦闘していたので、身をもって文章は理解できたのですが、このモデルになったのが軽井沢に過ごしたジョンだったのです。

ジョン事ビートルズのジョンレノンです。ウランバーナとは、サンスクリット語で苦しみという意味だそうですが、どこまで事実かわからず共感しました。

便秘、便秘と苦しみ、今は何とかヨーグルト、きな粉、レーズン。青汁、その他いろいろな手法を用いて、ウランバーナの森から何とか脱出しました。

Zen

( 6月25日 5時17分 写真1)

( 6月27日 5時16分 写真2)

( 7月 1日 5時46分 写真3)

( 7月 2日 5時51分 写真4)

( 大宰府を目指して出発しました。 写真5)

( 九州国立博物館 並んで入場券を購入しました。 写真6)

( 印象派美術展 2人で入館しました 写真7)

( ルノアールの作品 撮影許可 写真8)

( セザンヌの作品 撮影許可 写真9)

( 山間を抜け星野村にやっと到着しました。 写真10)

( 星野村の温泉地 星がきれいな所です 写真11)

( 大雨の中 苦手な長距離ドライブに挑戦 写真12)

( 約400Kmの厳しいドライブから戻りました。 写真13)

( 留守中 畑のキクイモは遠慮することなく育っています。 写真14)

( 奥田英朗デビュー 著書 ウランバーナの森 写真15)