2014年3月 のアーカイブ

文化祭水墨画 (ゼンのつぶやき)

2014年3月30日 日曜日

 

countrylife88_31_nf[1]

杵築市文化体育館での文化祭開催は2回目、瓢箪や竹工芸、西洋画、貼り絵、絵手紙、俳句、手芸、歌や踊り太極拳など日頃の活動の発表会。

陶芸の部は制作に素焼き摂氏800度、本焼き1250度で焼き上げ、数時間冷ます時間を要し、竹工芸は材料の細竹造りに時間と力がいるそうだ。

それに比べて、水墨画は墨と筆と紙があれば手軽に練習ができる。だからこそ、私は下手だ駄目だと云われても何とか3年間持ちこたえている。

先生から四君子(蘭、竹、菊、梅)は基本と指導を受け、蘭、竹、梅の出展時は一発勝負、今回の菊は、自分には珍しく15枚ほど練習で画いた。

今回の菊は、2人のひとから良く出来ていると褒めていただき気を良くした。次の作品は、手も足も出ないと思うがダルマに挑戦しようと思う。

Zen

( 39回公民館文化祭 杵築市文化体育館にて  写真1)

( 文化祭開催 展示会場  写真2)

( 文化祭開催 展示会場 写真3)

( 公民館文化祭 演芸の部  写真4)

( 文化祭  水墨画教室展示  写真5)

( 文化祭 先生の作品  写真6)

( 文化祭  生徒の作品 写真7)

( 文化祭 私の作品 菊 写真8)

( 文化祭 水墨画教室の皆さん  写真9)

( 展示の後片づけはじまる  写真10)

( 水墨画教室展示  写真11)

( 展示の後片づけ  写真12)

( 大相撲 大阪場所 取組結果 写真13)

( 大相撲 大阪場所 取組結果 写真14)

( 大相撲 大阪場所 鶴竜初優勝 写真15)

新芽 (ゼンのつぶやき)

2014年3月23日 日曜日

 

countrylife88_31_nf[1]

マレーシヤ航空機が行方不明となり、図書館のアンネの日記の本が破かれ、佐村河内守やSTAP細胞の疑惑、ウクライナ・クリミヤへのソ連介入。

次々に起こる出来事にマスコミは一斉に追いかける。その為にパラリンピックのマスコミへの出番は減った国民の関心度注目度はいくらかいな。

長かった雪国の厳しい冬、着ぶくれで混み合う通勤電車の都会の生活も、いつしか 春が訪れ、新入社員や新入生の初々しさで彩りを添える。

だが、ここお年寄りの町ではその様な躍動感は全くない、それに代わるものにイビキにツバではなく、若葉の緑とつぼみが膨らみ春の息吹がある。

ブルーベリの芽が実を着けると思うと一日何回も成長のふくらみを確認に行く。カエデやもみじの新芽、数か月で黄色と赤色になる日を想像する。

目の運動、死力を尽くしても視力は回復せず。食事早く済ませてと云われて耳を澄ますが、何も聞こえず難聴が気になりだした。

Zen

( 杵築市ひな祭り  写真1)

( 杵築市ひな祭り  写真2)

( 杵築市ひな祭り  写真3)

( 杵築市ひな祭り  写真4)

( 杵築市ひな祭り  写真5)

( 杵築市ひな祭り  写真6)

( ひな祭り 駆け足で廻ったスタンプラリー 写真7)

( 幕を閉じたパラリンピック 写真8)

( 幕を閉じたパラリンピック 写真9)

( パラリンピック 獲得したメダル 写真10)

( パラリンピック 閉会式 写真11)

( パラリンピック 閉会式 写真12)

( 桃の木の新芽 写真13)

( ピンクのドウダンツツジの新芽 写真14)

( カエデとモミジの新芽 写真15)

( 貸出に2か月待った図書館の本  写真16)

しぜん災害 (ゼンのつぶやき)

2014年3月16日 日曜日

3月11日午後2時46分東日本大震災の日から3年が経過。死者行方不明者18000人を超え依然24万人が避難生活を余儀なくされている。

トモダチ作戦では暖かい友情を感じたし、3年が過ぎたこの日に米国、欧州、台湾など世界の各地で亡くなった人に対し黙とうを奉げてくれた。

別府ゴルフ倶楽部9時30分スタート前の1番ティー、皆で1分間の黙とうを奉げた。この日もまた、私はティーショットが乱れて大叩き、自信を失う。

東北や北海道など雪国では、道路確保のための雪かきや屋根の雪下ろし、生き抜くために必要な暖房、ニュース映像からとても気の毒に思う。

同情するなら金をくれと云われるかもしれないが、贅沢をするでもなく寒さに弱い私は、この地を永住の地と決めたことに間違いはなかった。

我家の庭この冬の積雪は1回、ブルベリーは芽が出て玉ねぎも順調に育っているなか、3月14日午前2時06分震度4の地震が発生した。

幸い大きな被害はなかったが、この日の話題は地震で持ちっきりでした。

Zen

( 2月14日 我が家の庭の雪景色 写真1)

( 我が家の庭の玉ねぎ 3月4日 写真2)

( 我が家の庭の玉ねぎ 3月14日 写真3)

( 3月4日 ブルーベリー 写真4)

( 3月15日 ブルーベリー 写真5)

( 別府ゴルフ倶楽部 鶴見コース1番から  写真6)

( 別府ゴルフ倶楽部 鶴見コース1番から 写真7)

( 1番ティグランドで 1分間の黙とう 写真8)

( 近くの海岸にて 2月14日 写真9)

( 近くの海岸にて 3月4日 写真10)

( 近くの海岸にて 3月8日 写真11)

オレ詐欺 俺先 (ゼンのつぶやき)

2014年3月9日 日曜日

オレオレ詐欺は全国12000件、総額486億円と比べれば少ないかもしれないが、大分の発生件数200件、被害総額4000万円?らしい 。

孫の事になると冷静な判断が出来なくなりパニック状態になるのだろう。こんなに注意を促されていて何で騙される、金があるところには在るものだ。

我家は騙されるものかと思っていても、ATMから振り込み、宅配便、自宅訪問などドラマ仕立ての巧妙な手口に痴呆症になったらその自信はない。

振り込め詐欺撲滅のためのアイデアを募集したり、神奈川県警は「息子はサギ!?」の標語までできる。特殊詐欺、劇場形丸め込み詐欺、われ先と

杵築商工会のお買物券は、一世帯10万円限度で総額一億円分が年間2回販売される。この日朝9時の売り出し開始の10分前に現地に到着。

この段階で商工会館をぐるりと取り巻く長い行列ができていた。かなり離れた駐車場に車を停め、焦る気持ちで最後尾に駆け込みまずは一安心。

田舎町でこんな大勢の人が長い列を作るこのイベントは、1割分得する買物券で地産地消地元の店で買い物を奨励するこの作戦は大当たりです。

行列で、あなたがサキ、おれサキ、券が買えなきゃお詐欺真っ暗。

Zen

( 杵築商工会この会館の周りに長い行列でした。  写真1)

P1060980

( 杵築商工会 商品券10万円分買えました。  写真2)

P1370510商品券

( 男の料理教室 年齢には関係なく颯爽たるいでたちです。  写真3)

( 男の料理教室 すった大根を油で揚げる。  写真4)

( 男の料理教室 シチューの具材下準備  写真5)

( 男の料理教室 美味しいシチューが出来ました。  写真6)

( 男の料理教室 炊き込みご飯です。  写真7)

( 男の料理教室 10回目本日のメニュー  写真8)

( 近くの海岸でワカメ採り、岩場にたくさんありました。 写真9)

( 近くの海岸でワカメ採り、干潮時に合わせて出陣。 写真10)

( 近くの海岸でワカメ面白いほど採れました。 写真11)

( 30分間程度で採ったバケツ一杯のわかめです。 写真12)

( 採ってきたワカメ翌日長期保存の為、冷凍庫行きです。 写真13)

CIMG0427H

( 最近読んだ百田尚樹の本です。 写真14)

あっちこっちソチ(ゼンのつぶやき)

2014年3月2日 日曜日

 

countrylife88_31_nf[1]

ソチオリンピックは終わりましたが、思えば真央ちゃんの不屈の挽回劇や沙羅ちゃんの悔しい結果に愚痴ひとつ言わない姿勢が印象的でした。

女子アイスホッケーのスマイルジャパンは勝利こそなかったが、ロシア戦の幻のゴールの判定にも従順にしたがった潔さは素敵に感じました。

話は変わりますが、WBCアメリカ審判のセーフもアウトと云う判定は状況を顧みる事もない強硬姿勢、TPP交渉の矢面の大臣の苦悩も察する。

キムヨナは金メダルだったかとか、ショートトラックで中国の妨害があったなど主張するところは、尖閣、竹島、慰安婦問題のこじれ方と合い重なる。

何か得する事があれば言ってみて、採れるところからは何でも取ってやろう。お国柄だからという理由だけで割り切れないいやらしさを感じている。

日本人野球チームバンクーバー朝日軍がカナダ野球殿堂入り、嫌がらせに屈せず誇り高き日本人のフェアーな精神で貫き通した事が認められた。

日本人の誇りを持とう、日本よ世界の真ん中で咲き誇れ。

Zen

( ソチオリンピック閉会式  TVより 写真1)

( ソチオリンピック閉会式  TVより 写真2)

( ソチオリンピック閉会式  TVより 写真3)

( ソチオリンピック閉会式  TVより 写真4)

( ソチオリンピック閉会式  TVより 写真5)

( ソチオリンピック閉会式  TVより 写真6)

( ソチオリンピック閉会式  TVより 写真7)

( 杵築市囲碁大会風景 私は見学  写真8)

( 杵築市囲碁大会風景 私は写真撮影  写真9)

( 囲碁大会 小学生3段4段の兄弟も出場  写真10)

( 杵築市囲碁大会風景 和やかな一日 写真11)

( 本 百田尚樹と安倍晋三対談集 写真12)