2013年5月 のアーカイブ

男の料理教室 (ゼンのつぶやき)

2013年5月26日 日曜日

不可侵条約を結んだわけではないが、火物騒地帯には冷蔵庫に飲み物を取りに行くとき以外は近づかないようにしていた。

一昨年家族が3か月間入院生活をした時、一人淋しくパック入りのご飯とレトルトカレーをレンジでチンして食べる日が続いた。

多少なりとも自分で何か料理をできる様に、いつかはしなければと必要性は感じていて5年ぐらい先にはと覚悟は決めていた。

そんな話を友人にしたところ、何故5年後ですか、やるなら今でしょう!そんな訳で月1回第3金曜日男の料理教室を私の独断で申し込んだ。

受講料は月2000円、毎回材料レシピは先生が用意して自分達で作った料理をお昼の食事として皆で食べる。

家族は朝飯前と云うのに何故か食い付いてきて、その態度に面食らう。話の土俵で引っかかった物言いだし、エプロン紐ではないのに絡んでくる。

手塩にかけた子が就職列車で出ていくように 巣立っていくような気分になっているのだろうか。ひとり旅立ちの日が何かさびしいのだろうか。

三枚おろしが出来るようになっても包丁を振り回しはしないし、二枚舌はなく今まで通り車から荷物を下ろすし大根おろしも手伝う事は約束する。

Zen

( 飛び立つとりたちA 写真1)

( 飛び立つとりたちB 写真2)

( 飛び立つとりたちC 写真3)

( 収穫を待つ玉ねぎ達  撮影2013年5月21日 写真4)

( 第一弾収穫の15個の玉ねぎ 撮影2013年5月22日 写真5)

( 大内公民館での初参加男の料理教室  写真6)

( 初参加の男の料理教室  写真7)

( 初参加の男の料理教室  写真8)

( 男の料理教室 本日の料理完成です 写真9)

( 本日の料理完成です。皆で頂きました。 写真10)

( 世界のサッカー界で活躍する人 TVより 写真11)

( 世界のサッカー界で活躍した人 TVより 写真12)

 

小使い (ゼンのつぶやき)

2013年5月19日 日曜日

子供の頃の小遣いは5円か10円、雀の卵と云って赤くて小さな豆を数個買いに行ったし、学校校舎には小使いさんと云う方が常駐されていた。

言葉は似ていても小使さんと小遣い銭は三と千ほど違う。小使いさんからさんを引いただけでみじめで寂しい小遣いになってしまう。

言葉の遊びにはお金はかからない。たった1桁ゼロを加えると気分の良いお小遣いになる。小遣いとお小遣いは1桁分の価値感が違うのだ。

小遣いが少ないと云う事は金使いを知らない、そのせいか気遣い、心遣いは多くなったのだが、大人になってお小遣いが増えた記憶はない。

現役時代我家の組閣で私が大蔵大臣、リタイヤ後はあそうって財務にかろうじてしがみつき、家族は金融担当、消費者安全担当を兼ねている。

若かりし頃には思いもしなかったが、今現在苦し紛れに歯磨き用のチューブをハサミで切って使うのだが1週間から10日は持ちこたえている。

この状況下財務大臣には最後のカードがある。こっそりネットで購入、カードでの支払いは可能だが、いつかはバレル、ばれたときの解散が怖い。

Zen

( 歯磨きのチューブ こんな使い方もあります 写真1)

( 畑に植えつけた玉ねぎ  撮影2012年12月23日 写真2)

( マルチを取った玉ねぎ  撮影2013年3月28日 写真3)

( 畑に育った玉ねぎ  撮影2013年4月21日 写真4)

( 大きくなってきた玉ねぎ  撮影2013年5月7日 写真5)

( ネギ坊主が出て急去収穫した2株  撮影5月17日 写真6)

( 庭の切り株の始まり 撮影2012年4月9日 写真7)

( 庭の切り株の歴史 撮影2012年5月30日 写真8)

( 庭の切り株の歴史 撮影2013年5月6日 写真9)

( 庭の切り株の歴史 撮影2013年5月18日 写真10)

( 彩鮮やかになった白露錦 撮影2013年5月16日 写真11)

( 海に浮かぶ朝日 撮影2013年5月4日 写真12)

( 海に浮かぶ朝日 撮影2013年5月14日 写真13)

( 海に浮かぶ朝日 撮影2013年5月14日 写真14)

 

 

栄養しよう (ゼンのつぶやき)

2013年5月12日 日曜日

球場でなくTVの前でワクワクしながら松井。国民を相手にヨイショしているのではないが国民栄誉賞を渡す安倍首相もいつか審判をくだされる。

私は巨人大鵬卵焼時代に育ち、九州に居ながら西鉄より巨人、強い大鵬よりも柏戸、ホームランをガンガン打った王より長嶋の方が好きだった。

松井が日本で活躍した期間私は海外に居てよく知らないが、帰国した2002年数か月間TVを通じてお見かけしたが、彼の人柄が好きだった。

日本語で松井と書いた看板を持ってヤンキーススタジアムまで応援に行った事もあるが、一度も振り向いてくれなくて寂しい思いをした事もある。

6か月間で8キロ減量ダイエットに成功したからって、国民栄養賞をもらえるとは思ってはいないが、TVの見過ぎで無知家症になりかけて居る。

家で犬は飼ってないが雨の日を除く朝の散歩道で垣根より首を出す他人の飼い犬に下手に出て挨拶する暮らしぶりでささやかな減量感を感じる。

Zen

(松井秀喜引退セレモニー TVより 写真1)

(松井秀喜引退セレモニー TVより  写真2)

(松井秀喜引退セレモニー TVより  写真3)

(松井・長嶋茂雄 国民栄誉賞表彰式 TVより  写真4)

(松井秀喜・長嶋茂雄 始球式セレモニー TVより   写真5)

(松井秀喜・長嶋茂雄 始球式セレモニー TVより  写真6)

(松井秀喜・長嶋茂雄 始球式セレモニー TVより  写真7)

(松山英樹 同じヒデキどこまで育つかな TVより   写真8)

 

(庭に取り残された切り株の根の強さ 写真9)

(栄養がいきとどいた切り株の根の強さ 写真10)

( 散歩道の竹の子 わずか1か月の成長力  写真11)

( 虚像 君の眼は節穴と云われないためのメガネ 写真12)

( 消失 生活力は消失しないように頑張りたい 写真13)

( ネットオークションで家族が購入した本 写真14)

( 家族の努力 種より発芽へ 写真15)

しゃくなげとふじ (ゼンのつぶやき)

2013年5月5日 日曜日

都会の贅沢は金と時間があればふんだんに溢れている、桜が咲いた時など一時的には綺麗で華やかだが消え去るのも早く味は大味といえる。

一方、田舎の贅沢は金は要らないし時間もふんだんにある。同じ緑でも濃い色薄くて黄色味ががった緑等それはそれはデリケートで味わい深い。

いつの間にか3本から4本になっていたブルーベリーの枝や数センチ単位で近づく芝の隙間の伸び、時間単位の成長で木になる事が気になる。

庭に出て草を採り枝の実をつむぎ飽きもせずに3、4時間も過ごす家族を眺め、ベランダの陽だまりでウトウトする私の時間は何と贅沢なものか。

大げさに言うと千載一遇と云う言葉が当てはまる茶畑と隣接している藤棚を見るため、大分県宇佐市の千財農園に車に便乗して案内頂く。

ふじの高値と云うものの駐車場代無料入場料無料潜在能力大にして、長安寺しゃくなげの入場料200円は、しゃくな現金出費となった。

Zen

( 長安寺のしゃくなげ 写真1)

( 長安寺のしゃくなげ 入場料一人200円 写真2)

( 長安寺のしゃくなげ 写真3)

( 長安寺のしゃくなげ 写真4)

( 長安寺から見る山々 写真5)

( 長安寺の緑の鮮やかさ良い 写真6)

( 青の洞門前の青い花畑  写真7)

( 青の洞門前の青い花畑  写真8)

( 青の洞門前の青い花畑  写真9)

( 青の洞門前の青い花畑  写真10)

( 金色(かないろ)温泉  一人500円  写真11)

( 金色(かないろ)温泉 中は男女湯は分かれている 写真12)

( 千財農園のふじ 駐車場も入場料も無料 写真13)

( 千財農園のふじ園  大勢の見物客がいた 写真14)

( 千財農園のふじ 写真15)

( 千財農園のふじ 写真16)

( 千財農園の茶畑 5人は片時も動かず 写真17)