2012年8月 のアーカイブ

いい加減 (ゼンのつぶやき)

2012年8月26日 日曜日

私の住む区域は限界集落と云われて平均年齢は63歳、出会う人の多くはお爺さんお婆さん70歳を超えた人達です。還暦過ぎた私でもピカピカの若者に属します。

ところがここのお年寄り達はとても元気、犬の散歩から始まり畑仕事、ゲートボール、ゴルフ、歴史教室、カラオケ、踊り、囲碁教室等その行動力は驚きのパワーです。

朝寝朝酒朝湯はいい湯加減で身上つぶすわけでもなく、加減算の計算はおぼつかなくなってきても、年金を頂いているお蔭でいい加減に生きていけるのでしょうか?

夏のこの時期に死者を供養するための行事でもある盆踊りも、地元お年寄りからなる盆踊り同好会メンバーのパワーは全開で、数日前からの準備でおお忙しの様でした。

私にとってなじみ深い東京 新橋、品川、田町、ロンドン、ベーカーストリート、スイスコテージ、タイ、バンコク、アユタヤ、何故か急にサラリーマン時代に引き戻されました。

会社役員に急ぎ呼ばれているがエレベーターは待てど来なく焦っている自分がいる。階段で行くなど思う余裕すらなく会議室の部屋番号まで忘れてしまっている。

長く暮したロンドンの街に帰り着いたのだが、同じ場所を何度も何度も歩き回って、通い慣れた駅名さえ思い出せずいら立つ自分がいるが、誰一人とも出会わないのです。

同期入社の「友人の訃報」を受けたその日の夜の夢の中の出来事でした。

Zen

( 市で開催された囲碁大会を見学しました。写真1)

( 市で開催された囲碁大会を見学しました。写真2)

( 市で開催された囲碁大会を見学しました。写真3)

( 市で開催された囲碁大会を見学しました。写真4)

( 杵築高校初の甲子園出場決定 写真5)

( 杵築高校初の甲子園出場するも1回戦で敗退 写真6)

( 盆踊りの開催当日早朝の準備風景です。写真7)

( 盆踊りの開催当日早朝の準備風景です。写真7)

( 地元の盆踊り風景です。写真8)

( 地元の盆踊り風景です。写真9)

( 盆踊りの小道具が準備されていました。 写真10)

( 地元の盆踊り 貴重なお子さんの踊る風景です。写真11)

( 盆踊りの翌日早朝 多くの人が後片づけをしていました。写真12)

( 盆踊りの翌日早朝 多くの人が後片づけをしていました。写真13)

ほどよい きょりかん (ゼンのつぶやき)

2012年8月19日 日曜日

私の住む町杵築市は大分空港より車で30分もかからない距離にあります。関東、関西よりおいでの方には航空代金を無視して考えれば程よい距離と云えます。

移住決断の根底には、都会に住んでいれば喫茶店や映画や買い物にはいい環境ですが、年老いて隣や近所の方々との挨拶に気を使うのでは正直疲れると思いました。

九州北部豪雨はすごいものでしたが、朝6時すぎ突然1本の電話がありました。「お宅の二階の窓開いていませんか?」 あわてて二階に上がり窓を閉めました。

知らずして雨が降り込んでいれば悲劇でしたが、お蔭様で助かりました。散歩中などでの日々の挨拶、回覧板の手渡し、そんな仲ですが程良い距離感で暮らしています。

雨や台風などで近くの海岸に打ち上げられた流木やゴミ類は相当な数でした。それでも同地区に住む人達の海岸ボランティア清掃のお蔭でかなりきれいになりました。

家族は小さい声で話しますが、私の場合は、耳が悪いので大声になってしまいます。 ヒソヒソ話は何か後ろめたい気分になり馬鹿正直に大きな声になってしまいます。

隣り合わせたベットではヒソヒソ話は嫌ですが程よい距離感を保って暮しています。

Zen

( 大分空港は我が家より車で30分間ぐらいの距離にあります。写真1)

( 東京より到着の友人を大分空港で出迎えました。写真2)

( 普段はあまり二階に行かず窓の開閉も忘れています。写真3)

( この窓が開いているのをわざわざ電話で知らせてくれました。写真4)

( こんなにも多くの流木が打ち上げられた海岸です。 写真5)

( こんなにも多くの流木が打ち上げられた海岸です。 写真6)

( ボランティアによる海岸清掃です。 写真7)

( ボランティアによる海岸清掃です。 写真8)

( ボランティアによる海岸清掃です。 写真9)

( ボランティアによる海岸清掃です。 写真10)

 

夏盛り (ゼンのつぶやき)

2012年8月12日 日曜日

ミンミンミンと耳を覆いたくなるほどけたたましく鳴く蝉の声。指揮者のタクトに合わせた様に一瞬で鳴止み静寂が来る。耳を澄ますでもなく海岸から潮騒の音が聞こえる。

ビルの谷間では蝉の声もさざ波の音もなく車の排気音や雑踏があるのだろう。緑ゆたかで穏やかな山々はなく、行き交う車と直にも歩き始め様と信号待ちの人達が居る。

霧の都ロンドンは今国の威信と五輪のメダルを賭けて選手とその応援団が熱い戦いのドラマを繰り広げている。電波を通して日本中、いや世界中に歓喜がこだましてる。

私にはビデオ録画装置はなく、実況中継時ひたすらファインダーを通してシャッターチャンスを待ち続ける。8時間の時差のため寝不足状態で頭と体は締まりない状態。

都会の現役の方には信じられない事ですが、自由人には決まり事はなく好き勝手に熱中症対策と云う理由で朝食後に1時間、昼食後にまた1時間の朝寝・昼寝をしてます。

2016年8月リオディジャネイロ(ブラジル)、心地よい寝不足状態を期待して待つ。

Zen

( ロンドンオリンピック 開幕式 TVより  写真1)

( ロンドンオリンピック 開幕式 TVより  写真2)

( ロンドンオリンピック 開幕式 TVより  写真3)

( ロンドンオリンピック 開幕式 TVより  写真4)

( ロンドンオリンピック 開幕式 TVより  写真5)

( ロンドンオリンピック 開幕式 TVより  写真6)

( ロンドンオリンピック 開幕式 TVより  写真7)

( ロンドンオリンピック 開幕式 TVより  写真8)

( ロンドンオリンピック 開幕式 TVより  写真9)

( ロンドンオリンピック 開幕式 TVより  写真10)

( ロンドンオリンピック 開幕式 TVより  写真11)

( ロンドンオリンピック 開幕式 TVより  写真12)

( ロンドンオリンピック 開幕式 TVより  写真13)

( ロンドンオリンピック 開幕式 TVより  写真14)

( ロンドンオリンピック 開幕式 TVより  写真15)

( ロンドンオリンピック 開幕式 TVより  写真16)

とられちゃった (ゼンのつぶやき)

2012年8月5日 日曜日

ブルーベリーの木2本、今年が本格的初収穫となります。朝6時過ぎに雀の卵大の大きさの実に気付き、9時頃に記念写真を残そうと現場に行くと見事に消えておりました。

1番果実は私が食べることにしていたのにおそらくカラスに食べられたのでしょう。1番果実の消失に落胆、すぐに鳥防止用の網を張って鳥に捕られないようにしました。

メダカ鉢側の台に円形筒に入った餌を置いていましたが、それを体で押しつぶしたのか上部と底のプラスチック面は割れ、表面にかぶせた紙はうまく破かれていました。

メダカの餌がベランダの床いっぱいにちりばめられ、よく見ると猫がペロペロそれをなめているのです。床全体がオレンジ色に変色したことや猫の巧妙な仕業に驚きました。

一瞬何が起こったのか、その衝撃と家族の驚きでカメラのシャッターを押したのは残念ながら床掃除の後でした。猫の飼い主は判りませんが泥棒猫と呼ばせてもらいます。

囲碁を習い始めて領地を取るには2目なければとられてしまうことが身にしみてわかりました。北方四島、尖閣諸島、竹島どの国も面子、面目この二目で攻めて来てます。

昨日5匹いた雛のうち最後の雛も飛び立ってしまいました。ピーピーと呼び合う声は聞こえてますが、朝に夕に頻繁に巣を見に行くがそこには血の通ったものは何もない。

夢のある若者が巣立ち、得られる物も無く空き巣も狙わない空き巣だけ残った。

Zen

( 2本植えたブルーベリーの木に実が付きました。写真1)

( ブルーベリーの木に鳥防止用網をつけました。写真2)

( 毎朝ブルーベリーの木に実がつくのが楽しみです。写真3)

( 収穫したブルーベリーの実はヨーグルトに混ぜて食べます。写真4)

( 憎らしいぐらい落ち着いて堂々としていた泥棒猫でした。写真5)

( 空き巣も狙わない空き巣です。 写真6)

( 田舎暮らしとして始めた近所の人のイチゴ畑にお邪魔しました。写真7)

( 今期の収穫・出荷は終わり、最後の取り放題イチゴ狩りです。  写真8)

( この日を最後に今期分のイチゴを一掃しその後熱消毒するそうです。  写真9)

( 次期のイチゴ、親苗から10本の子供の株分け準備中です。  写真10)

( 猛烈な暑さのビニールハウス、そんなに採れるものではありません。写真11)