2012年7月 のアーカイブ

ダメダカ (ゼンのつぶやき)

2012年7月29日 日曜日

 

毎朝同じ時間に餌をやる。メダカは時間感覚はあるのだろうか?布袋草(ほていそう)の隙間に餌を落すと要領の良いメダカはうまく動き回り食べまくる。自制心はあるか?

要領の良いメダカとトロイメダカに差が出る。メダカ力不足?草の上に載った餌を振るい落とすとか鉢の壁にくっ付いた餌に飛び上がるとかそんな努力をする気配もない。

メダカ同士は話をするのだろうか?共存共栄の意識と友との交わす会話はあるのだろうか? 「そろそろ餌の時間だな」 「オーイこちらの方が餌は食べやすいよ」

最近パニック症候群は収まりかけてきた、以前は近づく気配を敏感に察し少しの動きでも過敏に反応し隠れていたが、最近は慣れてきて堂々と餌にぱくついている。

今年は赤ちゃんの誕生が少ないと話したら、近所の人が教えてくれた。親は赤ちゃんを食べるから卵の時に別の金魚鉢に移したがいい。 えーメダカに限ってそんな!

特にメダカの親達には悪意も後悔もないのだ。布袋草の藻に宿った卵はメダカの目には、これから大きく羽ばたこうとする若者の芽には見えず餌に見えるのだ。

えらい人間達は、見る眼が変われば人が死ぬ事に罪の意識を感じなくなるのだろう。だから原発はお金を生む卵に見えるのかもしれない。 えー人間にとって損な!

Zen

( 大人用メダカの住居です  写真1 )

( 赤ちゃん用メダカの住居です  写真2 )

( 別府で購入した赤ちゃん用メダカの住居です  写真3 )

( メダカの三世代住宅です.  写真4 )

( 発見です。我が家のカエデの木に巣がありました。 写真5)

( カエデの木に立派な巣が出来ていました。 写真6)

( 木にできた巣をのぞくと5匹の雛がいました。 写真7)

( 巣のなかの5匹の雛は、まだ目が見えません。 写真8)

( 親鳥が持ち帰ってくる餌が待ちどうしいのです。 写真9)

( 巣の中の雛の成長は著しいものです日々変わります。 写真10)

( 撮っていて驚いた雛が地面に落ち、あわてて巣へ戻しました。 写真11)

( 巣の近くをうろつく人間が心配で近くで見張る雛の親鳥です。 写真12)

( そろそろ飛び立ちそうな雛たちです。 写真13)

( 名前も分からない雛でしたが行ってしまいました。 写真14)

 

少子化、正気か? (ゼンのつぶやき)

2012年7月22日 日曜日

振り返れば陸軍所属の人物の誤った判断と手柄を意識した暴走により太平洋戦争は勃発しジャーナリズムも真実を伝える勇気が無く敗戦と云う最悪の事態を招いた。

それでも自分が若いころは、敗戦からの復興を果たし、誰もが生活レベルは中級の上と疑うこともせず、日本国民の勤勉さと努力と才能は世界に誇れるものだった。

クラスには家族構成が兄弟10人以上の人もいたし、私は5人兄弟の3男として育つ、AKB48やアニメもいいのだが何かしっかりと足が地について生きてない気がする。

田舎暮らしの私には政治を語る資格はないし語れるレベルにないが、今の日本を任せられるリーダー不在の政治混迷と幸福感の無さは地に落ちてしまっている。

全ての根底の中軸に少子化問題がある。人口の減少は税収入の減少となり、金も時間もない若者の生活環境の劣悪化が家族構成の拡大化を阻んでいる。

産業革命を果たした英国でさえ英国病に患い、日本も小泉首相の後、安倍、福田、麻生、鳩山、菅、野田首相達は先送りで何も決められない日本病に侵されてしまった。

小沢一派の離党、消費税増税の採決、原発廃止問題、むしばむ日本の病巣。メスでもオスでもいいが適切な摘出手術を次のリーダーに期待したい。

Zen

( 地元に映画館がなく特設会場にて開催された映画会 写真1)

( 地元に映画館がなく特設会場にて開催された映画会 写真2)

( 地元に映画館がなく特設会場にて開催された映画会 写真3)

( 泥棒猫とはよく云ったものだ 写真4)

( 泥棒猫とは、何も議員とは云ってはいない。 写真5)

( 想定外か想定内か? に対する備え A  写真6)

( 想定外か想定内か? に対する備え A  写真7)

( 転ばぬ先のブルーシートA  写真8)

( 転ばぬ先のブルーシートB  写真9)

( 転ばぬ先のブルーシートC  写真10)

( 台風洪水の被害状況 TVのニュースより  写真11)

写心 その28 (ゼンのつぶやき)

2012年7月16日 月曜日

1993年11月21日から28日までの1週間は、シンガポールでの健康診断と休暇を兼ねて、ジャカルタおよびボロブドール遺跡を旅した。

インドネシア国内で両替時に手にした現地通貨の札束の多さには驚いたのだが、利用したタクシーの陽気で天真爛漫さは貴重な観光資源だと思った。

Zen

( ジャカルタ・ボロブドールの旅  写真1)

( ジャカルタ・ボロブドールの旅  写真2)

( ジャカルタ・ボロブドールの旅  写真3)

( ジャカルタ・ボロブドールの旅  写真4)

( ジャカルタ・ボロブドールの旅  写真5)

( ジャカルタ・ボロブドールの旅  写真6)

( ジャカルタ・ボロブドールの旅  写真7)

( ジャカルタ・ボロブドールの旅  写真8)

( ジャカルタ・ボロブドールの旅  写真9)

( ジャカルタ・ボロブドールの旅  写真10)

( ジャカルタ・ボロブドールの旅  写真11)

( ジャカルタ・ボロブドールの旅  写真12)

自慢話 (ゼンのつぶやき)

2012年7月15日 日曜日

夜も更けてお抱え運転手付のベントレーに三人で乗り込み、新橋のクラブに行った。ここはバンコクではない。その車のオーナーは、六本木のディスコやクラブ、バー、高級鮨店など10店舗程のオーナーでもある。時の流れは変われば変わるものである。

バンコクで食事やゴルフをした仲間の一人が我が家に泊る。還暦祝いで大分別府に来たのだ。宮崎には一回り年上でゴルフ大好き元気な元社長がいる。群馬には夫婦ともどもお世話になった元社長がいる。タイには厳しい工場経営に頑張る社長がいる。

本社 EMS事業を見事に立ち上げ、押しも押されもしない収益集団を築き上げた友人がいる。現地社員に一番の人気者だった元工場長がいる。運転手付車の中で通勤往復の時間も惜しんで腹筋運動で体を鍛えていた努力家の元工場長もいる。

私には誇れる看板はないが、看板を持つこの人達を知っていると云う事が、自分の自慢話だがそれを話し聞かせる人はいない。TVクイズ番組で、中卒、東大、京大卒と看板を掲げて競い合うことを狙いにしている番組がある。それをどうこう云う事もない。

ワインの銘柄じゃないのでメガネ越しでものを見るのは止めた方がいいのだが、眼鏡をはずせば何も見えないし運転もできない。田舎暮らしを始めた私には、時間はたっぷりあり健康で楽しく過ごしたいと云う看板を背負って生きている。

田舎暮らしのレッテル、シッテル。レッテルもラベルも剥がして生身の人と接したい。

Zen

( 切り落とした山桃の木 4月5日15;35  写真1)

( 逞しく育つた山桃の木 6月2日06;50  写真2)

( 大胆に切り落とした切り株 4月2日06;54  写真3)

( 驚きの生命力の切り株 5月9日06;58 写真4)

 

( 成長著しい切り株 5月30日11;32 写真5)

( 宮崎の元社長より頂いたボタンA 4月17日06:47 写真6)

( 宮崎の元社長より頂いたボタンB 4月24日07:01 写真7)

( 宮崎の元社長より頂いたボタンC 5月1日06:49 写真8)

( 宮崎の元社長より頂いたボタンD 5月18日07:11 写真9)

( 宮崎の元社長より頂いたボタンE 5月26日06:47 写真10)

( これでもかと切り落とした白露錦  4月25日06;45 写真11)

( その後の白露錦にプラスアルファ 6月29日07;19 写真12)

 

にせ宴会 (ゼンのつぶやき)

2012年7月8日 日曜日

昨年地元の寄合パーティに参加した際、ひときわ声も態度も大きくアルコールをガブガブ飲む2人組が近くに居て、方言等から聞くまでも無いが熊本出身ですか?と尋ねた。

今年同主催パーティに参加した時不幸にも昨年の熊本出身年配者と同じ席になった。「あんたが一番若そうだから、熊本県人会をせんね」 と云われ断れない私が居た。

まず集会所を予約し、4時間分の400円を支払う。早々に案内状を作成し近所の人に熊本県出身は居ないかと人伝てで声をかけ、飲めない私が飲み会に誘う事になる。

熊本と云う共通項の取り持つ赤い糸、そんな縁で集まる会費2000円の二線縁会を開催することになるが、お勝手を使わず普段着を着たままの勝手気ままに集まった。

県人を賢人と呼ぶことはなく、政治に関心が強いわけでもなく、肝心要の肝臓は強いのだろう。オードブル付集会場で飲む歌う事4時間、これ偽宴会(二線縁会)という。

私の過去は、オブラートなら噛みつかれるといやだから真綿に包んで紹介した。

Zen

( 二線縁会開催の集会所 写真1)

( 集会所 びっしりの 利用申し込み 写真2)

( 二線縁会開催の集会所 玄関口 写真3)

( 二線縁会開催前 準備風景 写真4)

( 二線縁会参加者の持ち込み酒類 写真5)

( 二線縁会 こんな感じで始まりました 写真6)

( 楽しいひと時後の記念写真 写真7)

( この店でオードブルとおにぎりを購入しました。 写真8)

( 参考 二線縁会開催のご案内 写真9)

( 参考 二線縁会 会計報告 写真10)

 

やめちゃーえ! (ゼンのつぶやき)

2012年7月1日 日曜日

健康寿命をテレビで発表、全国ランクで静岡は男性2位、女性1位。お茶を飲むことでの健康を立証するためか、子供達にお茶でうがいを奨励する学校が紹介されていた。

平均寿命と健康寿命には、10年の差があり自分は寝たきりやボケになりたくないと、数か月に1度運転の練習を兼ねて大分市内へドライブ、行きつけの店でお茶を買う。

なんで杵築に住んでいて杵築茶があるではないかと叱られるかも知れないが、福岡からくる八女茶えーで、ヤメチャエーて言われても、コーヒーや他の茶は八女茶うかも。

帯状疱疹が出てから2か月ほど経過した、一旦治ったと思ったのですが、時折顔と目の周りがピリピリしていることが気になりだし、再発かと思い急ぎ病院へ行く。

2時間待ったあと先生曰く「今は免疫力があり再発があっても1-2年後、それも100人に1人程度だ」 あわてた私はホットしたというか、肩すかしにあった気持ちになる。

全米OP石川遼は、初日プラ1、7番のボギーがこの大会を狂わせた。2日目パットが不調予選通過に1打足らず、終了後青木の石川遼への気使いがとてもうれしかった。

石川遼にヤメチャーエっていう人はいないと思うが、全英オープンは頑張って欲しい。

Zen

( 伝統をかたくなに守り抜く英国 TVより  写真1)

( 伝統を守り抜く英国のエリザベス女王 TVより  写真2)

 

( 全米オープン TVより   写真3)

( 石川遼 2日目予選敗退 次は全英OP TVより 写真4)

( 全米オープン タイガーは21位 TVより   写真5)

( 全米オープン最後で敗退フューリック TVより 写真6)

( 交流戦巨人優勝  TVより   写真7)

( 交流戦巨人優勝  TVより   写真8)

( 交流戦巨人優勝 喜びの原監督 TVより   写真9)