2012年2月 のアーカイブ

前は出て後は出ない (ゼンのつぶやき)

2012年2月26日 日曜日

TVで宣伝していたシーン「わかるー」ってのは頻尿、私も分かる。ほんの2か月間ぐらいだが、1日4-5回夜中に目が覚めていた。朝寝、昼寝、夕寝してた理由も分かる。

ノコギリ椰子サプルメント1回飲んだその夜から不思議なことにトイレは夜中1回のみになった。タンクの容量でなく安心感というのか気持ちの持ち方が問題だったようだ。

前方腹が出てきて後がないと云うことではなく、後とは便秘で5-6日間は全くもようしてこない。腹パンパンに膨らんでるというのに食事は警戒もせず軽快に口に入る。

この件は、青汁、牛乳、BIOヨーグルト、バナナ、など闇雲に食べているうちに何とか結果が出た。腹が出た出た月が出た三池炭鉱の上に出たさのよいよいと、爽快なのだ。

次から次に問題が発生する。腰を痛めて散歩をやめ炬燵ゴロ寝の生活がたたったのか、両肩がパンパン左腕にシビレがはしる。こわばりを何とかしようと、広場の近くの足湯にひたし、頭のめぐりは良くならないが体の血行を好くする為の努力をしている。

歯のかみ合わせが肩こりの原因かと自分勝手に決めつけて歯医者に行った。「歯には関係ない、整形外科に行ったらどうですか?」と先生に言われた。

Zen

( この冬の豪雪は記録的だ。TVより 写真1)

( この冬の豪雪は記録的だ。TVより 写真2)

( 同じ日に近所で降った雪はこの程度でした。 写真3)

( 太極拳 2月遅れ気味の新年会の店。 写真4)

( 太極拳 2月遅れ気味の新年会会場。 写真5)

( 新年会のコース料理3500円。 写真6)

( 新年会のコース料理3500円。 写真7)

( 新年会のコース料理3500円。 写真8)

 

 

 

 

拝啓 藤井善信様 (ゼンのつぶやき)

2012年2月19日 日曜日

五木寛之の親鸞(上)(下) 読み終えた。主人公親鸞は、幼なきころは忠範(ただのり)9歳で出家し範宴(はんねん)と云って、20年間を比叡山で厳しい修行に挑んだ。

天台座主の慈円の教えに迷った末29歳で山を下り、法然の門下に入り綽空(しゃくう)を名乗る。「南無阿弥陀仏」と念仏を唱え、33歳で善信(ぜんしん)と名を変える。

法然一門は後鳥羽上皇の逆鱗に触れ、親鸞は越後に流刑となる、その時35歳で親鸞と名を変え妻帯していた親鸞には7人の子が有り善鸞という名の長男息子もいた。

仏の道を究める幾多の苦行(回峰行、好相行、百日参籠)、自分に厳しく人にやさしかった親鸞と比べるつもりはないが、肩が凝る腰が痛いなど自分に甘い善のつぶやき。

若い頃善信と呼ばれ、善鸞という息子がいた親鸞、私は突然パソコンが壊れデータ喪失、一心不乱やっとバックアップ救済、3日坊主の私は親鸞関係はあったのだろうか?

90歳の生涯の親鸞の俗名が藤井善信(ふじいよしざね)だったとは、親鸞だった。

Zen

( とても面白かった、五木寛之の親鸞  写真1)

(  灯油の給油 私の仕事が増えました。写真2)

( 塵出し これは私の専業です。 写真3)

( メダカの鉢 冬は時々表面を氷が張ります。写真4)

( 恐る恐るの運転ですが、24か月目の定期点検です。 写真5)

( 泣くに泣けずにパソコンが壊れました。 写真6)

写心 その22 (ゼンのつぶやき)

2012年2月12日 日曜日

ロード・メイヤーのパレード (その3)

(The Lord Mayor’s Show)

11月半ばの土曜日にLordMayorのパレードが開かれる。往々にして「ロンドン市長」と訳されてきたのだが、これは誤解を生む表現である。しかし、では、LordMayorをどう訳せばよいかというと、はっきり言って適訳がない。そもそもLord Mayorというのは、The City ofLondonの「市長さん」ということになるのだが、このThe Cityという存在自体が日本人にとっては実にわかりにくいのである。

「市長」も任期1年で名誉職の色彩が濃いものの、海外へのビジネス関係のミッションなどで、イギリス・ビジネス界を代表する顔ともなる。ともかく、その「市長」の就任のパレードが毎年11月に行われるのだ。  (関連記事より抜粋)

1983年11月12日撮影

数十年ぶりに仕舞い込んだアルバムを開いてみた、それくらい暇だったのです。

Zen

( ロンドン ロードメイヤー パレード 写真19 )

( ロンドン ロードメイヤー パレード 写真20 )

( ロンドン ロードメイヤー パレード 写真21 )

( ロンドン ロードメイヤー パレード 写真22 )

( ロンドン ロードメイヤー パレード 写真23 )

( ロンドン ロードメイヤー パレード 写真24 )

( ロンドン ロードメイヤー パレード 写真25 )

( ロンドン ロードメイヤー パレード 写真26 )

( ロンドン ロードメイヤー パレード 写真27 )

( ロンドン ロードメイヤー パレード 写真28 )

 

 

 

写心 その21 (ゼンのつぶやき)

2012年2月5日 日曜日

ロード・メイヤーのパレード (その2)

(The Lord Mayor’s Show)

11月半ばの土曜日にLordMayorのパレードが開かれる。往々にして「ロンドン市長」と訳されてきたのだが、これは誤解を生む表現である。しかし、では、LordMayorをどう訳せばよいかというと、はっきり言って適訳がない。そもそもLord Mayorというのは、The City ofLondonの「市長さん」ということになるのだが、このThe Cityという存在自体が日本人にとっては実にわかりにくいのである。

「市長」も任期1年で名誉職の色彩が濃いものの、海外へのビジネス関係のミッションなどで、イギリス・ビジネス界を代表する顔ともなる。ともかく、その「市長」の就任のパレードが毎年11月に行われるのだ。  (関連記事より抜粋)

1983年11月12日撮影

今デジカメでパチパチとシャッターを押しているが、この癖は昔から変わっていない。

Zen

( ロンドン ロードメイヤー パレード 写真10 )

( ロンドン ロードメイヤー パレード 写真11 )

( ロンドン ロードメイヤー パレード 写真12 )

( ロンドン ロードメイヤー パレード 写真13 )

( ロンドン ロードメイヤー パレード 写真14 )

( ロンドン ロードメイヤー パレード 写真15 )

( ロンドン ロードメイヤー パレード 写真16 )

( ロンドン ロードメイヤー パレード 写真17 )

( ロンドン ロードメイヤー パレード 写真18 )