2011年3月 のアーカイブ

ハラツネ (ゼンのつぶやき)

2011年3月27日 日曜日

巨人軍の原監督とナベツネかなと思いきや実は石原慎太郎と渡辺恒雄、この二人の共通点は歯に衣着せぬ発言です。云い方に違いがあれど上から目線の云い方言葉使いは好きではないが、はっきり物を云える人が少ない時代の希少価値だ。

今の日本、国会質疑にせよ原発会見にせよ曖昧で誤魔化しにも聞こえる発言が多い中で、この二人の世間体など気にしない胡麻菓子ではない発言の切れ味は見事とも云えるが、「被災者に勇気は思い上がり」や「天罰ーー」発言はいただけない。

「たかが選手の分際で」はいけないが、選手会会長の云う日本人の心は一つと云うものの、数億円の年棒で家もあり家族もあり同情はあっても同上は無いと思う。賛否両論はあるがセパ同時開催が果して被災者との心が一つになるのだろうか?

被災地にあるパリーグの日ハム、楽天、ロッテ球団は、被災者を慮って何日か遅らせたことで勇気づけになるのか?元気にプレー頑張る選手へ恨みつらみは無いと思う。見る人は見るし嫌な人は見ない。世界中の時間の流れは止められないから。

自分の出来る事を精一杯やる、選抜高校野球もそうだし相撲界もそうであって欲しい。我が家の木々も春になり芽を出しはじめ洪水で流された樹木の事はまるで気にかけるでもなく、春の日差しを精一杯吸収して花を咲かせる事だけに集中している。

いろいろな事は云ってみても、やはり日本人でよかった。日本人は素晴らしいとあらためて感じている。

Zen

( 日本にある原発拠点  TVより  写真1 )

( 福島第一原発  TVより  写真2 )

( 原発第3号機  TVより  写真3 )

( 津波大地震  TVより  写真4 )

( 東北関東大地震 流される家  TVより  写真5 )

( 東北関東大地震 流され燃える車  TVより  写真6 )

( 東北関東大地震 流されるコンテナと車  TVより  写真7 )

( 東北関東大地震 燃え広がる炎  TVより  写真8 )

アラ アラ (ゼンのつぶやき)

2011年3月26日 土曜日

ISO審査の事前準備ではないのですが、2カ月ぶりの体験帰宅で家族を迎える為にあわてて掃除を開始しました。海岸の散歩で持ち帰った砂は、玄関口に溜まりに溜っていましたが、水をかけ見た目きれいにしていた為気づかれずに済みました。

観葉植物を枯らしては駄目と週1回水をやっていたのですが、不運にも台所の脇に隠れていた幸福の木は、見落としていて慌てて水と栄養剤と太陽の光を補充しましたが再起不能の様です。何度言っても聞かんような私にも寛容に接してくれました。  

食べるアラレでなく魚のアラでなく、アラカン私へのアラ、アラなのです。鉢に入った鄙びた花は、審査官の指示により、早速庭の土に植え替えしたところ、無事に再生できました。老化の誇りではなく廊下の綿ぼこりと食べこぼし目こぼしもありました。

湯呑や茶碗は洗ってしまっていたのですが、フライパンや鍋蓋をよけたシンクには、インクに似た汚れもありました。杖をついての不自由な体なのによくぞ見つける洗面台の汚れと風呂場のバスタブ、桶マイなしの指摘がありました。減点対象でした。

初めての体験お泊り  「云ってくれる人が居るのがハナよ」 と云うのは身にしみて解かっているのですが、花か華か鼻はじめか?まじめに退院までには週二回の体験帰宅を希望しているが、私は二週一回の大変帰宅が妥当と思っているのです。

Zen

( 玄関脇に溜まりに溜った海岸の砂  写真1 )

( 幸福の木よ 何とか甦れ   写真2 )

( ひなびた鉢の花も、土に帰って生まれ変わった  写真3 )

( クローバー 苦労も知らず よく伸びる  写真4 )

( クローバー 苦労も知らず よく伸びる  写真5 )

( 体験帰宅で作ってくれたおにぎりとご飯 写真6 )

( 体験帰宅で作ってくれたおでん6パック 写真7 )

( 体験帰宅の前に元気をつけようドリンク剤 買占めではありません 写真8 )

写心 その9 (ゼンのつぶやき)

2011年3月21日 月曜日

坂本龍馬は土佐高知の桂浜より遠き海を眺めたのだろうが、私は別府湾の海岸から豊後水道の海を眺めている。これもまた、世間では海外と云うのでしょう。   日々変わる海の顔、その様子を貴方にお届けしまショー。

Zen

( 別府湾に浮かぶ海の顔  2010年8月30日5時43分撮影 写真1 )

( 別府湾に浮かぶ海の顔  2010年9月24日6時01分撮影 写真2 )

( 別府湾に浮かぶ海の顔  2010年9月26日6時20分撮影 写真3 )

( 別府湾に浮かぶ海の顔  2010年10月5日6時27分撮影 写真4 )

( 別府湾に浮かぶ海の顔  2010年10月7日7時13分撮影 写真5 )

( 別府湾に浮かぶ海の顔  2010年10月12日6時27分撮影 写真6 )

( 別府湾に浮かぶ海の顔  2010年10月13日6時52分撮影 写真7 )

( 別府湾に浮かぶ海の顔  2010年10月27日6時31分撮影 写真8 )

( 別府湾に浮かぶ海の顔  2011年1月2日6時53分撮影 写真9 )

( 別府湾に浮かぶ海の顔  2011年1月6日9時31分撮影 写真10 )

( 別府湾に浮かぶ海の顔  2010年8月31日5時29分撮影 写真11 )

( 別府湾に浮かぶ海の顔  2010年9月5日5時40分撮影 写真12 )

( 別府湾に浮かぶ海の顔  2010年9月24日5時51分撮影 写真13 )

( 別府湾に浮かぶ海の顔  2010年10月16日6時28分撮影 写真14 )

( 別府湾に浮かぶ海の顔  2010年11月16日6時42分撮影 写真15 )

リューマチ (ゼンのつぶやき)

2011年3月20日 日曜日

温かい布団の中の夢の中で小雪家になっていたが、雪解けあとのように目覚めの時にはきれいさっぱりストーリは消えてしまっていた。今一度布団にもぐり込み、何とか思い出さないものかと懸命に眼を閉じて、その夢を追っかけてみたのでした。

国会論戦、政権担当、とちり戦、都知事選、石原親出場ハラハラ  アキハバラバラ モエダケ通りに選挙カー 声はカラカラ、通りを占拠中、りビヤ、カダフィ大佐無し 

その物語は、坂本龍馬の演説中、車両サイドの扉はとっぱらってない、そのことで乗り降り時のドアの開け閉め世話役はいらぬ、混迷する人々の通行の邪魔にはなるな、どこからでも見通しが好いように座れ、矢でも鉄砲でも飛んで来い。

指導者は命がけの使命感、立行司木村庄之助、腰に短刀土俵に上がり、差し違えで腹を切る覚悟あり、一兵足の狙撃にも、刀で脇を固めましょう、居眠りすれば転落そんな緊張感が欲しいのだ。昔の政治家は命をかける気概を持っていたのだろう。

NHKの龍馬伝、残念ながらほとんど見逃してしまった。 そんな訳で司馬遼太郎の竜馬が行く(全5巻)を読んだのでした。竜馬の物事を決めるところでの潔さが好い、小説家へナリスマシ、オレオレ、大鵬イナシ、大政奉還、明治維新、平成維新?

夢の扉、未来の扉を開ける平成の坂本竜馬、技術力、政治力、私利私欲の人間は要らない、世界平和と将来の人々の幸せに命をかけて挑んで欲しい。リューマチ。

松尾芭蕉の奥の細道から 「夏草や兵(つわもの)どもが夢の跡」 冬草藻生え放題、夢の続きとは云え、全く意味不明の夢の跡、奥の厳しいリハビリの道でした。

Zen

( 2月いっぱいで終わった 杵築城の修復工事  写真1 )

( 松平3万2千石 杵築城の修復工事  写真2 )

( 変わったアングルからの 杵築城  写真3 )

( 川沿いの散歩道 杵築城は修復工事中  写真4 )

( 平成の龍馬よ いずこに 龍待ち  写真5 )

( リューマチ ではなかった 遼待ち  写真6 )

地域の活力 (ゼンのつぶやき)

2011年3月19日 土曜日

蓮舫大臣の要請に従いエアコンはOFF炬燵のみで暖を取る。パソコンはコンセントから抜き、便座待機OFF、少しだけ気持ち参加。仙台、東北地方を元気づけるのは楽天イーグルスしかない。シーズンの1戦1戦勝利に向け全力でプレーして欲しい。

地元の活力、地域の店で買う様に1人5万円限度の商品券の売出日、忘れぬ様カレンダーに印して、その日は生憎の雨なのに、売出開始の午前9時には傘をさしての長蛇の行列が出来ていました。やっと買えました10%割引クーポン券うれしい。

ガソリン購入時にビンゴカードをもらい、一途にこの店でガソリンを入れる事でビンゴゲームを楽しんでいる。ささやかな楽しみで777がそろえば5000円貰えると期待したのですが、現実はそんなに甘くはなく、結果はハズレの残念賞でした。

都会生活では駅構内のQB1000円床屋を利用。車に自信ない私は、杵築から大分市内の1000円店に、列車で往復した事もありました。待望の低料金理容店スマイル誕生、男大人カット900円安ければ良いのですが、敢えて顔剃は止めました。

イチローのユンケルと毎朝カレーは有名ですが、私のユンケルは安売りで10本1000円、カレーは週1回、全くスケールの小さい話です。活力、勝力、自分では丸くなったと思うのですが、家族から年を取るにつけ頑固になっていると言われます。

  相田みつお  日捲りカレンダーより  「 木の芽がのびるのはやわらかいから、     蕾がひらくのもやわらかいから 」

Zen

( 1人5万円分 商品券  写真1 )

( 期待したビンゴ 残念ながらハズレでした。  写真2 )

( 杵築市の道路沿いに昨年末に出来た待望の理容店看板  写真3 )

( 杵築市の道路沿いに昨年末に出来た待望の理容店前  写真4 )

( またも玄関先に届いた酸っぱいミカン2箱 シャイな老人より 写真5 )

コメント (ゼンのつぶやき)

2011年3月13日 日曜日

11日14時46分に発生した大地震マグネチュード8.8、時間が経過するほどに被災状況は予想を絶するほどのものである事、とだえることなく送り続けられる地震速報は目を覆うような散々たる現実を伝えてきている。今急遽ブログに追記している。

幸いにも今居る大分杵築市では、全く揺れを感じないでいるが、日本全国いつどこで何が起こるか分からない事もあり備えと覚悟を怠ってはならない。被災者の皆さんにはここで何を述べていいやら全く思いもつかない。ただただ無事でいて欲しい。

私のブログにコメントが寄せられてくるのですが、返事が必要な方に気持ちをコメントと思いながらも、「モデレートしてください」と指示はあるのですが、その意味やり方が全く解らずコメントを読めずに困っています。まず、コメント無回答への弁解です。

見る為の方法について具体的な説明はなく、京都大学入試問題の場合を真似てヤフー知恵袋に問題提起したのですが、未だご親切な回答はいただけません。どなたか教えてください、困っている状況の中でのベストアンサーをお待ちしています。

ニュージーランドで起きた大地震、未だ20人以上の安否不明者と救出された奥田さんの右足切断と言う悲惨な結果となった事、場所と規模は違っても我家の事故も時を同じくして発生、もし数センチ打ち所がずれていたらと思うとゾートします。

人それぞれに行動様式は異なる中で、日々繰り返される生命の営み、命の大切さと健康を思い、朝散歩する海岸で、見かける積み重ねられた6段の石。何だろう?下北半島の恐山とは違うが、お呪いかなと思いつつ出会った人に尋ねてみました。

その人の話では、入院、手術と大病を患った方が、毎朝日の出を見る事の楽しみと、今日一日を元気に生きているんだと言う自分の存在の証を表現しているのだそうです。単純明快であって生きる喜びの意志が伝わってきて元気をもらいました。

Zen

( ニュージーランド地震事故現場  TVより 写真1 )

( ニュージーランド地震懸命の救出現場  TVより 写真2 )

( 事故現場より救出された奥田さん  TVより 写真3 )

( 散歩の海岸に立てられた6段積みの石です。 写真4 )

( 散歩の海岸に立てられた 1本立ちの木です。 写真5 )

( 散歩の海岸の壁側に立てられた 1本の木です。 写真6 )

( 家から見た海の日の出です。 写真7 )

( 散歩の海岸に浮かんだ日の出  写真8 )

経過報告 (ゼンのつぶやき)

2011年3月12日 土曜日

桂花と言えば熊本の老舗のラーメン店ですが、残念ながら民事会社更生法を申請したという記事を見ました。その後の桂花の経過はどうなんでしょうか? それから、私の退院後のリハビリ経過報告を押しつけがましくもありますがお知らせします。

昨年の5月20日に入院し7月18日に退院、58日間の入院生活でした。10月からリハビリと称して海岸への散歩を始めました。初めの頃は3000歩でしたが、現在は急な坂道を加えて4500歩歩いています。また、スクワットも200回しています。

外出時には、コルセットを手離せませんでしたが、この3月から思い切って24時間コルセットのお世話にはならない事にしました。コルセットで一番の問題だったのは、空港のセキュリーティ検査でアラームにかかり厳重なるタッチ検査を受けた事です。

現在洗面台での顔洗い、歩くことは全く問題なし、階段では手すりに頼らなくても降りれるようになりました。ベットの脇に座り靴下を履く際にまだ痛みは残りますが、草取りは出来ないので敢えてせず、草は伸びてもうどんが伸びなければ構うものか。

文化祭の準備をするという事で顔だけはだしましたが、5月から2人で水墨画教室に通う予定で、次の文化祭までには1点でも出展するように頑張りたいものです。

体の節々が痛く、少し頭が痛いので戻って直にユンケルと風邪薬を飲みました。夜8時半にはベットで就眠、夜中に5度もトイレに起きて何だかスッキリしません。リハビリはさて置きこちらに来て初めての体調不調、朝の海岸散歩はスキップしました。

Zen

( 杵築中央病院の受付にも雛人形が飾ってありました。 写真1 )

( お世話になったオーダーメイドのマイコルセットです。 写真2 )

( 毎朝お世話になっていた運動靴の新旧交代です。 写真3 )

( 庭に出るときお世話になっていたゴム長靴の新旧交代です。 写真4 )

( 自分たちの作品の自分達による文化祭準備風景です。 写真5 )

( 知人の文化祭作品 水墨画A 写真6  )

( 知人の文化祭作品 水墨画B 写真7  )

( 知人の文化祭作品 水墨画C 写真8  )

( 知人の文化祭作品 絵画A 写真9  )

( 知人の文化祭作品 俳句A 写真10  )

( 知人の文化祭作品 俳句B 写真11  )

( 知人の文化祭作品 竹工芸A 写真12  )

若芽 ワカメ (ゼンのつぶやき)

2011年3月6日 日曜日

近くのミカン農家、後継者なし昨年末でミカン農家を廃業するそうです。少子化問題、TPP問題(環太平洋パートナーシップ協定)、これからの日本にとって大きな問題になりそうです。試験会場を含めて携帯では簡単に解決できない問題なのです。

株機会、株買う気かい、歌舞伎界、けんか騒ぎや子供の問題ではずいぶんと株を下げてしまいました。日本の伝統、他にお株を奪われないようにしてください。

日本の伝統行事といえば、大相撲。3月本場所初の中止になり、この先どのような展開になるかお先真っ暗、この期間何をするか行司は行事なしと言うところですね。

ワカメをうどんに入れました、調理が簡単で気に入りました。これに味をしめ、次のワカメ採りのおこぼれを期待しています。期待と言えば、日本の技術力。GDPは抜かれても、ドングリの背比べは2位でいいが、幸福度は1位を目指して欲しいのです。

冬の季節とはいえ、草は伸び放題。草取りするにもスネに傷は無し、腰の負担は相当厳しい為、ホームセンターで立ったままで作業が出来る、草刈り棒を買いました。

元の会社の上司から、小包が届きました。プログを見て気の毒に思ったからでしょう。ところが大変、カレーや地鳥が届いたよと電話で知らせたところ「なぜー」と言う事になり、ブログに載せた事バレてしまったのです。私には隠し事は出来ません。

「わたしの事、書かないで]と言われても、わたしの事ではなく、私の事なのです。家と病院の往復では、ブログに書ける内容など直に底をついてしまいますから、已むを得ない事なのです。私の事をバカメとは言わないでください。

Zen

(  近所の人のワカメ採り 教えて戴きました。 写真1 )

(  近所の人のワカメ採り 沢山戴きました。 写真2 )

(  近所の人のワカメ採り その準備の良さに驚きました。 写真3 )

( 早速 立ったまま出来る長棒つき草刈り鎌 購入しました。 写真4 )

( 今日は、2位ではダメなんでしょうか? TVより 写真5 )

( 雨模様で1日遅れで1位になりました。 TVより 写真6 )

( 過っての上司よりのお届けものでした。 感謝  写真7 )

( 近くのミカン農家の立派なミカン畑ですが、廃業するそうです。  写真8 )

習慣現在 (ゼンのつぶやき)

2011年3月5日 土曜日

 

江戸小唄 「梅は咲いたか、桜はまだかいなぁ」 という歌を何かで聞き覚えていたのですが、その事が暮らしの中で確認出来ました。昨年、市から無料配布で貰った梅と桜がそうです。梅は既に芽をだし花が咲き始めており、桜は全く変化なしです。

桜か梅か判りもしないこの私も利口になりました。現在収入なしの身では、週刊誌は買わないし見もしない。病院や銀行の待合室で知る程度で、販売機の飲み物も買わなくなりました。スーパーの安売りで安く買った方が得な事認識したからです。

週刊現代、サンデイ毎日、毎日が日曜日だと、今日は何日で何曜日か? 思いだそうと躍起になるのですが、車のナビは親切にも、「今日は何月何日、何曜日です」とアナウンスしてくれる事、我々仕事を離れた人間にはとてもありがたいことです。

冠婚葬祭に来ていく服、身長は変わってないのですが、腹の周りが入らなくなって新調しなければならない状況になりました。家計とも慎重に相談検討しようと思い、これからの生活では結婚式は無くても一番着ることの可能性が多いからです。

月2回の水墨画、始めたばかりで、線と円を描く練習中ですが次の文化祭に出してみますか? と言われて 「いいえ、顔だけ出します」 と答えました。教室終了後先生と紹介者と3人で昼を円で食べた後、偶然大分駅伝の通過選手を応援しました。

相田みつお日めくりカレンダーに書かれていました、 「人の世の幸不幸は、逢うことから始まる よき出逢いを  みつお」

Zen

( もう梅の花が咲き始めました。  写真1 )

( 桜の花は、全く変化なしです。  写真2 )

( アマゾンで購入しました。意気込みだけは、、、写真3 )

( きっかけになった王子江先生のNHKテキストです。 写真4 )

( ここでお昼を食べた後、目の前を駅伝が通過しました。 写真5 )

( 地元の小学生が、この旗を振って応援していました。 写真6 )

( トップ争いは、大分と別府でした。 写真7 )

( かろうじて津久見の前ブービーの地元杵築チーム 写真8 )

( 追い上げるのは終了のバスでした。 写真9 )