‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

飛行少年 (ゼンのつぶやき)

2018年9月15日 土曜日

前の日の晩はなかなか眠れず、飛行機に初めて乗る少年のように心がはしゃぐ。何年振りかで人間のるつぼの都会東京に向かって出発します。

長い海外生活から戻った時も、座るか座れない電車の椅子取りゲームや横断歩道の信号切替り時に猛然と向かい側から人々が突入してくる。

都会に来ると混沌と静寂を肌で感じ、1分1秒の時間が動き社会が動いているし地球が動いている、生きているというパワーを感じ人種が違う様に思う。

私の住む町の人口比率は、60歳以上83%、70歳以上50%、連日連夜の真夏日、台風到来となると、じっと音無しで生き抜く為静かに暮らす。

相撲協会、レスリング協会、ボクシング協会、体操協会、ウエイトリフティング協会の様なパワー腹は空いてないし、隣近所との境界はない。

ある物と言えば、持て余すほどの自由な時間と容赦なく生えてくる草たちだ。

Zen

( 9月2日 6時04分 写真1)

( 9月3日 5時57分 写真2)

( 9月5日 6時26分 写真3)

( 9月11日 5時59分 写真4)

( 最近行った絵手紙教室 出来栄え悪し 写真5)

( 過去の銀座ソニービルは、今はない。写真6)

( 待ち合わせの時間待ちに銀座で映画鑑賞 写真7)

( 千葉での第50回バンコク会ゴルフ たんまり優勝賞金戴く 写真8)

( カプセルでない変わったホテルの玄関。写真9)

( カプセルでない変わったホテルの廊下。写真10)

( カプセルでない変わったホテルのベット。写真11)

( 地元のゴルフコンペ準優勝 運のみでつかんだ賞金 写真12)

( ゴルフコンペ 雨と濃霧で震え上がる  写真13)

( 錦織圭、大坂なおみ 全米オープン ベスト4 TVより 写真14)

( 20歳大坂なおみ全米オープン 初制覇 TVより 写真15)

 

 

犬の会話 (ゼンのつぶやき)

2018年9月1日 土曜日

生まれたばかりの3匹の犬が、別々の家庭に貰われたそうな。その後、夫々の家庭で犬の散歩に出て、すれ違う時に犬達はどんな挨拶をするのだろうか。

「こんにちは、兄さん、そちらの住み心地、食事はどうですか?」「いいもの食って、運動不足のせいかコレストロールと糖尿病が気になっているんだ。」

犬と会話が出来たらどんなに楽しいだろうか。逆にいろいろわがままや嫌味を言われて人間と犬の関係にどう影響するか。だとしたら忠犬ハチ公は居るか。

「毎日犬の散歩とかこつけて時間をつぶしている様だが、あれはご主人の糖尿病、認知症が気になって引っ張り出していることを、解ってるのだろうか」

「俺の方が主人に寝込まれたくなく猫かわいがりして、猫かぶりの良い顔して散歩に出るのも少し疲れてきた。こんな暑い日だもの少しは休みたいよ」

正直なところ、散歩中の知らない犬が私に寄って来ることが多い。私の前世は犬だったのだろうか?

Zen

(8月20日 5時44分  写真1)

(8月31日 6時02分  写真2)

( 地元盆踊り大会 準備風景  写真3)

( 地元盆踊り 大会風景  写真4)

( 地元盆踊り 大会風景  写真5)

( 地元盆踊り大会 地元の歌手登場 写真6)

( 盆踊り大会 打上風景  写真7)

( 盆踊りメンバー 集合写真  写真8)

( 地元出身画家 高山辰雄展 大分美術館 写真9)

( 絵手紙教室  犬、ゴジラ 見えますか? 写真10)

( 大分のスーパーボランティア 尾花春夫さん TVより 写真11)

( がんばった秋田 金足農 準優勝  TVより 写真12)

( 池江璃花子選手 6冠達成 TVより 写真13)

( 男子マラソン井上大仁選手 金メダル TVより 写真14)

( 400Mリレー 金メダル  TVより 写真15)

( 最近読んだ本 写真16)

そうだったね (ゼンのつぶやき)

2018年8月14日 火曜日

2020年7月24日東京オリンピックの開会式が無事に行われることを願うが、大会開催中の暑さをどのように凌ぐか成否にかかわる重要な課題です。

今年の気温は異常。いずれ涼しく過ごすための新アイデアビジネスが出てくると思うが、こんな気象条件でオリンピックを開催したらどうなるのだろうか?

夏時間導入とか?政府もいろいろな工夫が行われるであろう。思えば1964年の東京オリンピック開催前には、東京砂漠、断水、給水制限があったのだ。

驚きなのは、焼け野原になった終戦から二十歳にも満たない日本国が、復興の証として世界に向けて全国民一丸となってオリンピック成功を願い努力した。

新幹線開通、首都高速道路整備、地方からの出稼ぎ労働者は突貫工事で月2-3万円の給料の中から送金をしたそうで、当時平均年収49万円時代だった。

64年東京オリンピックは大成功。ビートルズ、平凡パンチ、阪神優勝。草加次郎などの名前も出て話題になったが、来る2020年自分は何ができるか?

Zen

( 8月2日 5時35分 写真1)

( 8月9日 5時51分 写真2)

( 8月13日 5時55分 写真3)

( 木にイラガが多数いらが 怖い 写真4)

( 暑さの中 絵手紙教室 写真5)

( 絵手紙教室にて団扇に描く 写真6)

( 字持ちのゴルフコンペ 今回は2位でした。 写真7)

( 見事復活初金メダル バドミントン 桃田選手 TVより 写真8)

( 上野選手連投 惜しくも逆転負け  TVより 写真9)

( バタフライ金メダル 瀬戸大也選手 TVより 写真10)

( 400mメドレーリレー 日本銀メダル TVより 写真11)

( メージャー3勝目ケプカ選手 優勝 TVより 写真12)

( 全米OP 準優勝 タイガーウッズ選手  TVより 写真13)

( 皆様へ 残暑お見舞い申し上げます。 写真14)

( 最近読んだ本です。 写真15)

 

 

 

栗返す (ゼンのつぶやき)

2018年7月31日 火曜日

秋口には栗の木があるお宅から栗を戴くことがしばしばある。異常な暑さのこの夏栗ご飯はおいしいのだが、かといって栗を買ってお返しすることはない。

足取りがふらつきだし老いを感じ始めたため、反省をしながら久々にプールへ行き水中歩行を始めた。繰り返し続けるために11回分の回数券を購入した。

教科書で、遣唐使や鑑真和上について簡単な知識はあっても、井上靖の天平の甍を読んでみてまず著者の調査研究でまとめ上げた本の緻密な内容に驚く。

その時代には遭難がつきものの船旅という過酷な状況下で、死を恐れず命を懸け旅経つ留学僧たちの日常性を脱した行動にスケールの大きさを感じる。

10年以上もかけて書き写した、ぎっしり詰まった数箱に収められた写経の巻物全てが海の中に消えるシーンがあるが、なんと無情で無念な事であろう。

12年間に5回の渡航に失敗、視力を失いやっとの思いで6回目に日本の地を踏み、日本へ仏教戒律の伝承に全てを尽した鑑真の行為は、常識を超える。

私、毎朝の散歩だけは、繰り返し続けている。

Zen

( 7月23日 5時33分 写真1)

( 7月28日 5時57分 写真2)

( グランドゴルフ大会 開会式 市長挨拶 写真3)

( 何とか熱中症にはなりませんでした。 写真4)

( 毎年恒例の海岸清掃風景です。写真5)

( 市美展 近所の方が多数出展しました。写真6)

( 市美展 近所の方が多数出展しました。写真7)

( 地元天神祭 病院戻りにたまたま遭遇 写真8)

( 天神祭 暑さの中子供達には気の毒です。 写真9)

( W杯はフランスチームの優勝でした。TVより 写真10)

( 名古屋場所は御嶽海の初優勝でした。TVより 写真11)

( 休場の多い名古屋場所の結果です。TVより 写真12)

( 名古屋場所 遠藤には不満の結果です。TVより 写真13)

( 巨人 山口俊 ノーヒットノーラン達成 TVより 写真14)

( 最近読んだ本です 写真15)

 

 

 

 

 

運不運(ゼンのつぶやき)

2018年7月16日 月曜日

ワイルドソウル(上)(下)を読んで、1950年代南米へ夢を抱いて渡った4万人の日本人入植者の悲劇、それは運不運で済まされるものではない。

関係者の無責任な情宣と支援の無さ、全て人が絡んだ問題で、過酷な人生を生き抜いた人が復讐する事で死へと追い込まれた人達の無念さを晴らす話。

他人事ではなく、一歩間違えば自分もその地で苦悩したのかと思う事がある。事業をやっていた親について役所の相談窓口に行ったことが思い出される。

軽い気持ちだったか、思い悩んだ末の選択だったか今は解らないが、一度は南米移民を考えた家にいた。何が理由か分からないが実行する事はなかった。

担当者にうまい事言われて、それを信じた親だったら私の人生は変わっていた。先週星野村温泉地へ大雨の中、下手な運転で山道を探し尋ね辿りついた。

最悪の豪雨、まだ日照があり山間の地元の人に尋ね、家族は引き返そうと言ったが、私はその老人を信じた。その人に出会わなければ迷い込んだだろう。

何かがあるということは、全て人が絡む。それをどう思うかは本人次第。これからの道も誤らないようにしたい。

Zen

( 大阪から別府へ フェリーさんふらわ 6時32分 写真1)

( 7月09日 5時20分 写真2)

( 7月10日 5時15分 写真3)

( 7月15日 5時33分 写真4)

( 肥料のやりすぎ、トマトは無残な姿で悲しい 写真6)

( 収穫は1日1個もないが、見栄えは大きいオクラです。 写真7)

( 水墨画教室 下手でもなんとか続いています。 写真8)

( 月1回の絵画教室 休まず行っています。 写真9)

( 冬にお世話になったコタツの掛け布団の洗濯です。 写真10)

( 台風7号の景況で、海岸には廃材が打ち寄せています。写真11)

( W杯惜しくもベスト16、長谷部主将ご苦労様。 TVより 写真12)

( 錦織選手 惜しくもベスト4は逃しました。TVより 写真13)

( 第2の故郷タイ国の13人の洞窟遭難無事救出 TVより 写真14)

( 最近読んだ本です 写真15)

 

 

 

 

ピョンヤン エキサイテング  道の駅  都会の駅の混雑

利益

たまたま (ゼンのつぶやき)

2018年7月4日 水曜日

たまたま新設された杵築市図書館で手にした本、奥田英朗さんの著書でした。気さくで肩が凝らない内容でしたので、続けて5冊も読んでしまいました。

返却に行った日に、たまたまこの奥田英朗さんのデビュー作品で「ウランバーナの森」があり、どのような内容の本でデビューしたのか興味がありました。

読み進むうちになんじゃこら、私が日々苦悩した体験談があからさまに文章として書き綴られており、赤裸々に恥ずかしく大衆にさらされました。

私も1週間全く通じがなく悪戦苦闘していたので、身をもって文章は理解できたのですが、このモデルになったのが軽井沢に過ごしたジョンだったのです。

ジョン事ビートルズのジョンレノンです。ウランバーナとは、サンスクリット語で苦しみという意味だそうですが、どこまで事実かわからず共感しました。

便秘、便秘と苦しみ、今は何とかヨーグルト、きな粉、レーズン。青汁、その他いろいろな手法を用いて、ウランバーナの森から何とか脱出しました。

Zen

( 6月25日 5時17分 写真1)

( 6月27日 5時16分 写真2)

( 7月 1日 5時46分 写真3)

( 7月 2日 5時51分 写真4)

( 大宰府を目指して出発しました。 写真5)

( 九州国立博物館 並んで入場券を購入しました。 写真6)

( 印象派美術展 2人で入館しました 写真7)

( ルノアールの作品 撮影許可 写真8)

( セザンヌの作品 撮影許可 写真9)

( 山間を抜け星野村にやっと到着しました。 写真10)

( 星野村の温泉地 星がきれいな所です 写真11)

( 大雨の中 苦手な長距離ドライブに挑戦 写真12)

( 約400Kmの厳しいドライブから戻りました。 写真13)

( 留守中 畑のキクイモは遠慮することなく育っています。 写真14)

( 奥田英朗デビュー 著書 ウランバーナの森 写真15)

 

傾向と対策 (ゼンのつぶやき)

2018年6月22日 金曜日

夜布団の中で、1回、2回....5回と数を数える。何をかと言えば、抜け出してトイレに行った回数なのだが、冬場は寒くて起きるのが嫌で困った。

それでも時々気が向いたときに飲むサプリメントのノコギリヤシを味方につけてからは、悩みの頻尿現象も毎晩1回程度になってホッとしている。

朝起きて今日で、1日、2日....5日と思い浮かべれば1週間以上お通じなく、気持ちも悪いし苦しみという現象が現在は1日か2日に改善された。

寝る前に飲むヨーグルト、きな粉、レーズンと昼間の大正製薬の青汁および家族の工夫するメニューと指導による食べる順番変更のお陰が改善理由です。

1年前に息が臭いと人に言われた。おそらく悪玉多く便秘気味の状態で起きた現象で、周りの人に迷惑をかけていると反省、お口くちゅくちゅモンダミン。

FUJIFILM のメタバリアS を服用して、血糖値も腸内環境も改善しており、口臭クレームも、年寄くさい、ドンくさいそんな風に改善している。

Zen

( 6月12日 5時46分 写真1)

( 6月12日 5時47分 写真2)

( 6月14日 5時15分 写真3)

( 6月17日 5時37分 写真4)

( 大分市内へ行き久々の映画鑑賞「万引き家族」 写真5)

( 最近行った絵画教室 これでも紫陽花です 写真6)

( 最近行った絵手紙教室 写真7)

( そろそろトマト中玉が赤くなりかけています。 写真8)

( KRCゴルフコンペ 別府扇山コース 写真9)

( 別府扇山コース近くに インバウンドホテル建設中 写真10)

( 期待外れでの米朝首脳会談  TVより 写真11)

( 米オープンゴルフ 2年連続優勝者 TVより 写真12)

( 松山3日目大きく崩れ 期待外れました。 TVより 写真13)

( アジア初南米チームに勝利 TVより 写真14)

( たてつづけにこの作者の本を読む 写真15)

ないしょ (ゼンのつぶやき)

2018年6月7日 木曜日

現役バリバリ組は、体調が悪くても忙くて病院へ行く時間が無く、私達暇を持て余すリタイヤ組は、行く所と言えば決まって病院通いが主な日課となる。

つい最近、チクリチクリと目が痛くて目にゴミかなと思いつつ眼科にて診察。その結果上瞼にまつ毛と下瞼に小さな髪の毛が入っていることが判明した。

朝起きたら目ヤニが出ていると先生に相談したところ、目ヤニは老人の白髪みたいなものでそのために毎朝顔を洗っているでしょうと納得させられる。

コレストロール(悪玉を下げる)や、高血糖を下げるために薬の摂取と、毎晩の夕食に工夫をしてくれるため今のところはギリギリの範囲で推移している。

ゴルフで球は見えず視力がひどいため、華麗でも加齢でもなく早く白内障の手術後の視力回復を期待しているが、手術どないしょう、告白内緒ごと。

病院へ行くたびに体温を計かるが、終了合図のピーピーという音が聞こえず、耳も悪くなってきたと、老いる日々を実感している。

Zen

( 6月1日 5時15分 写真1)

( 6月2日 5時10分 写真2)

( 6月5日 5時07分 写真3)

( 我が家のニンニク栽培 、成長不足で大失敗  写真4)

( ニンニク栽培 細く小さく 収獲量はこれだけでした。 写真5 )

( 剪定前 ボサボサに伸びた玄関側の垣根です。 写真6)

( 剪定後 すっきりしました。トキワマンサクの垣根です。 写真7)

( チャレンジデー 広場に集まり皆でゲームをしました。写真8)

( チャレンジ 残念ながら今年は北海道名寄市に負けました。写真9)

( 大分市内にある、モダンな新しい県立美術館です。 写真10)

( 月例ゴルフ大会 48人中1位から3位迄同ネット 写真11)

( 大相撲  鶴竜初の連続優勝  TVより 写真12)

( 平成最後の夏場所大相撲 TVより 写真13)

( 平成最後の夏場所大相撲 TVより 写真14)

( 栃ノ心 大関昇進の口上 TVより 写真15)

 

 

パッション (ゼンのつぶやき)

2018年5月24日 木曜日

年末年始に市の若者がインドの旅に出るという話を聞き、自分も若かりし頃一度は行ってみたいと思い続けていて行けなかった国だけに羨ましかった。

今65歳の知人がウラジオストック、イルクーツクを経由してヨーロッパを旅していて、近く日本へ戻ってくるが、その1か月間の土産話を楽しみに待つ。

思えば、40数年前私も横浜から船でナホトカ港、ハバロスクを経てシベリア鉄道の旅、バイカル湖を見モスクワを歩きヨーロッパ諸国を鉄道で廻った。

今はと言えば行きたい所があっても、家族を説き伏せ許可を得る高いハードルを越えるための努力をする肉体的精神的パワーと情熱を失っているのだ。

老人は荒野を目指すこともできず、団体ツアー御一行の一員を目指した旅をするために、家族のパーミッション得るための努力に邁進している所なのです。

Zen

( 5月16日 5時16分 写真1)

( 5月19日 5時23分 写真2)

( 5月20日 5時15分 写真3)

( 5月22日 5時35分 写真4)

( 成長著しいキクイモ、スナップエンドー、パクチー 写真5)

( 日本健康太極拳協会大分支部の総会に出席 写真6)

( 楊名時太極拳 全体練習風景です。 写真7)

( 市役員幹部宴会前 びんごやでの待合風景 写真8)

( 地元バスツアー 山口県秋吉台の展望風景 写真9)

( 地元バスツアー 松下村塾史跡 見学風景 写真10)

( 最年少7段記録達成した15歳藤井選手 TVより 写真11)

( 英国ロイヤルウエディング  TVより 写真12)

( 英国ロイヤル ヘンリー王子結婚式 TVより 写真13)

( NHK杯10年連続優勝の内村航平 TVより 写真14)

 

( NHK杯10年連続優勝の内村航平 TVより 写真15)

 

ひけらかす (ゼンのつぶやき)

2018年5月11日 金曜日

誇らしげにひけらかしていると思われるかもしれませんが、左右のポケットの中をひっくり返して逆立ちしても、小銭も糸くずも最近の話題も出てこない。

頭をゆすって思い出す過去の出来事。その頃、霧の都ロンドンとは言われなくなっており、クイーンマザーご健在だった頃の英国時代の思い出が読み返る。

今年エリザベス女王は92歳の誕生日、ジョージ、シャーロットに続き6人目ひ孫ルイ王子が誕生、私が英国に住んだ4年半も同様に話題は尽きなかった。

天皇即位される浩宮殿下のオックスフォード留学時代や幸せに満ちたダイアナ妃とチャールズ殿下の結婚生活やフォークランド紛争勃発などがありました。

滞在初め仮アパートで外出中にトランクから紙幣が抜き取られたり、街に出た初日に普通の身なりの人に金銭を要求されたり、驚きの生活の始まりでした。

洗濯機の修理に来た地方の人の英語のなまりは、日本の授業で教えられていた英語と本場英国人の英語がこれかと、上流と下流社会の格差に驚きでした。

バキンガム宮殿や大英博物館など歴史ある伝統文化の国にも、陰と陽の部分が存在する事を肌をもって体験、多くの思い出を残した素晴らしい日々でした。

Zen

(5月5日5時28分  写真1)

(5月5日5時29分  写真2)

(5月6日5時33分  写真3)

(5月10日5時23分  写真4)

( ミニトマト用の雨対策 フレームを準備しました。 写真5)

( 5種類12株の花のポット どこに植えるのでしょうか? 写真6)

( 静かなたたずまいでの、杵築市のお城まつり  写真7)

( 杵築市のお城まつり 生憎の雨天でした。 写真8)

( 久々に出席した絵手紙教室 2枚描きました。 写真9)

( 絵画教室は、月1回ですが楽しく描いています。 写真10)

( またもパット1打に泣く WP 0.4打差で優勝を逃す 写真11)

( 日本人4人目のチャンピオン ダニエル太郎 TVより 写真12)

( 世界卓球 日本は惜しくも準優勝 TVより 写真13)

( 突然変更のあった合同チームに日本が勝利 TVより 写真14)

( イチローの野球人生における究極の選択  TVより 写真15)